GoPro未発表製品「HERO 7」の店頭広告写真が流出。ディスプレイにBlack /Silver /Whiteの3種類

HERO 7 Blackは過去最高の手ぶれ補正と4K/60fps?

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年09月3日, 午後 01:00 in Cameras
0シェア
FacebookTwitter
いま新製品のリーク画像といえばiPhone Xs(?)のそれがすぐに思い浮かぶところですが、アクションカメラGoProの新製品となるHERO 7の画像もリークしています。これは店舗に表示する販促用ディスプレイに映っていた画像を撮影したもので、HERO 6とほぼ見分けがつかない外観ながら、その側面には大きく白い"7"の文字が確認できます。HERO 7の外観はほとんど変わっていなくとも、その中身には「ジンバルのような」手ぶれ補正機能が搭載されると噂されます。また画像には10m防水の文字も

現行のHEROシリーズはHERO、HERO 5 Black、HERO 6 Blackがラインナップされているものの、リークされた画像をみるかぎり、HERO 7にはBlack、Silver(グレーのように見えるがサイドにSilverの文字)、Whiteの3種類がある模様。Blackはカメラ部分の出っ張りが大きく、前面に液晶のステータス表示画面が付いています。

そして、他の2つにはそれらの特徴がなく、画像だけでは色と名前以外の差異を見て取ることができませんが、動画撮影の仕様がWhiteでは最大1080p/60fpsのところがSilverは最大4K/30fpsになっている(Blackは4K/60fps)といった違いがある模様。同様に価格も、それぞれ仕様に応じて異なるとみられます。

GoProは9月後半にHERO 7を発表すると考えられており、もしそうならば今回の画像リークは時期的にも信憑性が高そうです。

GoProは業績不振をカメラとの親和性が高いドローン分野への参入でリカバーしようとしたものの、そこでは思うような成長曲線を描けず、今年の春からは再び主戦場のアクションカメラに集中しています。そして新製品のHERO 7は、多くの人々がドローンやスマートフォンでの動画撮影で満足するなかで、それ以上のことを求める人々の興味をひきつけなければなりません。

ちなみに、この画像はAustin Mittelstadt氏がimgurに投稿したものですが、記事執筆時点ではすでに投稿は削除されており、見ることができません。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: actioncamera, camera, Cameras, gear, gopro, hero7, hero7black, hero7silver, hero7white, leak
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents