スタンドアロンVR「VIVE FOCUS」10月30日に法人向けに販売開始、価格は7万2090円

個人向け販売はお預けです、、、

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2018年10月19日, 午前 11:50 in vr
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
HTCは、一体型VRHMD「VIVE FOCUS(エクスプローラーエディション)」を法人向けに10月30日から販売開始すると発表しました。価格は7万2090円です。

中国では2018年1月より一般発売されており、2880×1600ピクセルと高解像度なのが特徴です。プロセッサーは「Snapdragon 835 VR」。HMDのトラッキングは6 DOF(degree of freedom)、コントローラートラッキングは3 DOFです。

Engadget▲6 DOFは前後左右のトラッキングに加えて、上下の動きもカバーします。物陰に隠れることもできるのでFPSがよりリアルな体験になりそうですね

また、VIVE FOCUSの商用利用をサポートする「VIVE Focus用アドバンテージパック」も同時に発売予定で、VIVE Focus起動時に特定のアプリケーションのみを起動する「キオスクモード」や、製品保証を2年間に延長できます。価格は1万7949円です。

「VR ZONE 新宿」などVR体験施設が注目されていましたが、コードレスで可動できる「VIVE FOCUS」の商用利用が日本で正式に開始されることで、もっとアクティブなプレイができるコンテンツが続々と登場するでしょう。

Engadget

このほか、欧州圏では今春から発売されていた「VIVE PRO スターターキット」の一般販売も発表されました。本体の他に「VIVE コントローラー1.0」2点、「ベースステーション1.0」2点の計5点から構成されるセット商品となります。価格は14万3640円です。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: htc, HTC Vive, vive, VIVE Focus, vr
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents