駅ナカにシェアオフィス、東京駅・新宿駅・品川駅で実証実験

ちょっとした作業に重宝しそう

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2018年11月6日, 午後 07:00 in sharing
0シェア
FacebookTwitter
JR東日本は、駅の構内にブース型のシェアオフィス「STATION BOOTH」を展開します。まずは実証実験として、東京駅、新宿駅、品川駅の3駅に設置。11月28日~2019年2月20日まで試験サービスを展開します。ユーザー登録や予約受付は11月19日から。
駅ナカシェアオフィス「STATION BOOTH」は、公衆電話のような箱型の作業スペース。デスクやイス、電源や暖房から、USB充電や無料Wi-Fi、モニターといった設備を揃え、パソコンを使ったデスクワークであれば一通りこなせるような空間になっています。

ブースは1回15分または30分の予約制。ブースにはカギがかかるようになっており、QRコード認証で解錠して利用できます。

JR東日本は今後、2019年上期より「STATION WORK」ブランドで駅ナカ・駅チカのオフィスサービスを本格展開する予定。コワーキングスペースタイプや個室型の、より一般的なオフィスの展開も発表しています。

駅ナカシェアオフィス
駅ナカシェアオフィス
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: JREast, office, share, ShareOffice, sharing, Station, transportation, Work, working
0シェア
FacebookTwitter