11月10日のできごとは「ミニファミコン発売」「Aspire S3発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年11月10日, 午前 05:30 in today
0シェア

today11月10日のおもなできごと

2004年、シャープがHDD内蔵ザウルス「SL-C3000」を発売
2011年、日本エイサーが国内初のUltrabook「Aspire S3」を発売
2016年、ソニーが4K対応の「PlayStation4 Pro」を発売
2016年、任天堂が「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を発売

2016年:当時のデザインそのままに小型化して復刻「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」

today
子供の頃に楽しんだゲームを、大人になった今でも遊びたいと思う瞬間があります。そんな望みを叶えてくれたのが、この「ミニファミコン」でした。収録されているのはエキサイトバイクやスーパーマリオブラザーズ、ゼルダの伝説、メトロイドなど30タイトル。単純に遊ぶだけならバーチャルコンソールなどでもいいのですが、小型化されているとはいえ、当時のデザインそのままというのがまた、子供の頃を懐かしく思い出させてくれます。

発売から大人気となり高値転売などが問題となりましたが、今では普通に入手可能ですので、純粋に懐かしいゲームを楽しみたいという人はそろそろ手を出してもいい頃でしょう。なにせ、30年ほど前のゲームですからね。2年くらいの遅れは誤差みたいなものです。

2011年:8万円前後の低価格で話題を呼んだUltrabook「Aspire S3」

today
高性能モバイルノートの低価格化を実現したのがCULVノートでしたが、さらに薄型軽量を実現したのが「Ultrabook」。インテルが提唱したカテゴリーで、搭載CPUや薄さ、バッテリー駆動時間、Wi-Fi搭載などの要件があります。

このUltrabook第1号となるのがエイサーの「Aspire S3」。Core i3-2367M、4GBメモリー、320GB HDD、13.3インチ液晶(1366×768ドット)、バッテリー駆動約6時間、重量約1.4kgというスペックで、実用性が高いのに価格が8万円前後と非常に安く、注目されました。

ちなみにUltrabookはインテルが提唱していることもあって、新世代のCPUが出るたびUltrabookの世代も新しくなり、要件も変化しています。最新CPUの搭載は当たり前ですが、これ以外にもUSB3.0、マルチタッチ、音声認識搭載などが追加されています。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: acer, aspire s3, mini famicom, nintendo, today, ultrabook
0シェア