MediaTek、5G通信対応のモデムチップ「Helio M70」正式発表

クアルコムやインテルに引き続き。搭載製品は2019年後半に出荷予定

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年12月11日, 午前 11:00 in smartphone
0シェア
MediaTek M70

台湾MediaTekは2018年12月6日(現地時間)、同社初となる5G通信に対応したモデムチップ「Helio M70」を正式発表しました。

Helio M70はスタンドアロン(5Gのみの運用)/ノンスタンドアロンの両方に対応したモデムチップです。LTEと5Gとのデュアル接続(EN-DC)に対応しつつ、4G/3G/2Gとの互換性も確保。さらに端末の小型化や省電力化にも貢献します。

Helio M70の開発には中国キャリアのチャイナ・モバイルが協力し、標準化に貢献。またその他のメーカーやキャリアとしては中国ファーウェイやノキア、NTTドコモの名前もあげられています。

このような5G通信対応モデムとしては、米クアルコムが2016年に「Snapdragon X50」を発表。また先日は、5G通信対応プロセッサ「Snapdragon 855」も登場しました。さらに米インテルも、5G通信対応の新型モデムチップ「XMM 8160」を発表しています。

MediaTekによればHelio M70はすでに発注可能となっており、搭載製品は2019年後半に出荷される予定です。高速かつ高レスポンス、そして超大量接続を可能にする5G通信の普及に向けて、ベンダーの準備も着々と整いつつあります。

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: 5g, communication, helio m70, MediaTek, modem, processor, smartphone, soc
0シェア