音楽ライブを複数アングル・ARで楽しむ「新体感ライブ」、サカナクションやSTU48が参加

アイドルの裏側も見える?

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年01月20日, 午前 11:00 in android
0シェア
docomo multi angle live

NTTドコモは、音楽ライブの生配信をスマートフォンやタブレットで視聴できる専用アプリ「新体感ライブ」を2019年1月18日から提供開始しました。

第1弾として、ライブ配信ではサカナクションやSILENT SIREN。ARフィギュアはSTU48や[ALEXANDROS]といったアーティストが参加します。ドコモは今後も様々なアーティストのコンテンツを配信する予定としています。
新体感ライブのメイン機能は「マルチアングルライブ」。これは、様々なカメラアングルで音楽ライブの生配信をスマートフォンなどから視聴できる内容。ただし、一部のライブは会場などでスイッチングされた映像を配信する「シングルアングル」のみの対応となります。ライブ終了後も、見逃し配信に対応します(一部のアーティストを除く)。

マルチアングルライブの他にも、「ARフィギュア」機能などがあります。これは、ARマーカーがプリントされたアーティストのグッズに、スマートフォンやタブレットのカメラをかざすことで、アプリ上で好きなアングルからCG化されたアーティストの映像や演奏を楽しめます。

artists

新体感ライブは、NTTドコモがサービスの主体となり、映像配信プラットフォームやコンテンツはNTTぷららやライブ・ビューイング・ジャパンが提供。販売やプロモーションはタワーレコードが担当します。タワーレコード店頭でライブ視聴権をカードとして販売するほか、カード無しのオンライン版も用意。アーティストによってはライブ会場での販売や、CDとのセット販売も行われます。

料金はライブごとに異なります。例えば、サカナクションが2月6日に開催するライブを「マルチアングル」で視聴する場合の料金は、ライセンスキーを同梱したアーティストのオリジナルカードが付属するバージョンが1500円(税抜、以下同じ)、オンライン版が1000円。STU48のARフィギュアは2500円(2ndシングルにバンドル)などとなります。

新体感ライブアプリはスマートフォンがAndroid OS 5.0以上、iOS 10.0以上、Chromeブラウザからの利用も可能で、PCはWindows 7以上、Mac OS X 10.13以上が必須条件となります。ライブチケットはアーティストの音楽ライブごとに個別で購入できます。




TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: android, app, ar, cg, docomo, ios, live, mobile, multiangle, music, NttDocomo, smartphone
0シェア

Sponsored Contents