JR駅ナカ「ベッカーズ」の別格バーガーセットを何度でも50%オフで食べられる!穴場的スマホ決済キャンペーンを発見

セットなのに単品価格よりも安くなっちゃう

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年02月14日, 午前 11:15 in cashless
0シェア
Engadget
メルカリのスマホ決済「メルペイ」が登場し、PayPayは100億円キャンペーンの第2弾をスタートするなど注目が集まるキャッシュレス決済界隈。1人でも多くユーザーを抱え込むために各サービスは様々なキャンペーンやキャッシュバックを展開しています。



キャンペーンの恩恵を受けれるうちにドンドン使うをモットーに筆者は、PayPayでカメラを購入したり、コーヒーを飲んだりケンタッキーを食べたりしています。

そこで気になったのはJRがモバイルオーダー&ペイプラットフォーム「O:der」を駅ナカ9店舗に導入したというハナシ。これにより、利用者は専用のウェブサイトで事前に商品の注文と決済して、乗車前や降車後にすぐ店舗で商品を受け取れます。ここでもやはり普及を狙ってか各店舗でキャンペーンを展開しています。


ここで注目したいのは、「ベッカーズ」の対応店舗で展開されている「GOGO550円限定メニュー」という、語感はいいけど若干ネーミングがダサいキャンペーン。スゴイのは1000円相当のお高いハンバーガーセットが50%割引の550円(税込み)で購入できるということ。中でも「ベッカーズ 飯田橋東口店」では、「別格 ザ★ハンバーガーセット」もキャンペーン価格の550円で提供していること。「別格 ザ★ハンバーガー」といえば、ベッカーズのフラグシップ的位置づけのバーガーで単品で650円です。それが単品価格よりも安く、セット価格で購入できるのです。

大学生時代に賄い目当てでいくつかのチェーン店や個人経営のハンバーガーショップでバイトし、たくさんのハンバーガーを食い散らかしてきた僕が行かない理由はありません。

Engadget
▲JR飯田橋駅東口を出たらすぐそこに「ベッカーズ 飯田橋東口店」があります

Engadget
▲注文専用サイトから店舗とメニューを選択し、クレジットカードで決済します。指定した時刻に行き、「注文番号」を表示したスマホ画面を見せると商品を受け取れます


Engadget
▲これが「別格 ザ★ハンバーガー」

串を刺さないとバランスを崩すほどの分厚さのジューシーな粗挽きミートパティを楽しめます。ナイフとフォークも用意されているので、かぶりつくのが難しかったら小さく切り分けましょう。「別格」という名前のとおり、レストランで提供されるようなワンランク上のハンバーガーが堪能できます。

提供までのスピードや店舗の回転率を重視するハンバーガーチェーンであれば、大量にパティを焼いて保温室にストックしてあるので、注文があればバンズに載せるだけ、会計後スグにメニューが提供されます。

しかし、ベッカーズの「別格 ザ★ハンバーガー」はオーダーが入ってからパティを焼き始めるため、会計を済ませても番号札を渡されて数分待たなくてはいけません。焼き立てでジューシーなパティを楽しめますが、この待ち時間が大きなネックとなっていました。しかし、モバイルオーダーであれば事前に受け取り時間を設定できるので待ち時間はありません。

GOGO550円限定メニューはユーザーによっての注文回数の制限は無いようで、キャンペーン期間の終了時期などもアナウンスされていません。かなり狙い目なキャンペーンだと思います。待ち時間のストレスから開放されて、「別格 ザ★ハンバーガー」のセットを半額で味わえる新しい決済システムを試してみてはいかがでしょうか?

ベッカーズのモバイルオーダーに対応しているのは以下の3店舗。しかし、「別格 ザ★ハンバーガーセット」を注文できるは飯田橋東口店のみですのでご注意ください。
■対応店舗
R・ベッカーズ 池袋東口店
R・ベッカーズ 田町店
ベッカーズ 飯田橋東口店
■ベッカーズ注文専用サイト
https://beckers.oderapp.jp/#/

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: cashless, drink, food, jr, LunchtimeClock, mobile, O:der, payment, settlement, smartphone
0シェア