3Dタッチは時短だけじゃない!通知の全消しからLINEのチラ見まで:iPhone Tips

LINEを既読付けずに「チラ見」できます

Misa Nakagawa
Misa Nakagawa
2019年02月25日, 午前 08:20 in iPhone tips
0シェア
iPhone Tips
画面をぐっと押しこんで、アプリを開かずにショートカットやプレビューなどを表示する「3D Touch」。きちんと使いこなせていますか? 通常の操作手順を踏まずに、目的のメニューを直接選べたり、メッセージなどを瞬時に確認できたりと時短に便利ですが、ほかにも活用方法はあるんです。

というわけで今回は、3D Touchの便利な使い方をご紹介しましょう。検証には、iOS12.1.4バージョンのiPhone XSを使用しています。なお、iPhone XRは3D Touch非対応なのでご注意を。

3D Touchで「アラームを作成」

各アプリのアイコンを3D Touchすると、それぞれショートカットの項目が表示されます。例えば「時計」では、「アラームを作成」「ストップウォッチを開始」「タイマーを開始」の表示が現れます。

「時計」を起動してから、それぞれのタブを選択する手間が省けて便利です。

iPhone Tips
▲ちなみに、軽く押し込んでアプリなどを起動せずに中身を覗くことを「Peek(ピーク)」、さらに強く押し込んでショートカットを表示したり、アプリを開いたりすることを「Pop(ポップ)」といいます

「設定」アプリをぐっと押し込むと、「Bluetooth」「Wi-Fi」「モバイルデータ通信」「バッテリー」のショートカットが表示されます。画面上端から下に引き出す「コントロールセンター」からもアクセスできますが、画面の上まで指が届かない......なんてときに役立ちます。

iPhone Tips
▲「設定」を3D Touchで操作。Bluetooth」「Wi-Fi」「モバイルデータ通信」「バッテリー」に即座にアクセスできます

よく電話する相手に素早くアクセス

「電話」アプリを使う際に「連絡先」や「履歴」から発信相手を探すのは少々面倒です。そこで、頻繁に連絡する人や、緊急時の連絡先などは「連絡先」アプリの「よく使う項目」に登録しておくのが◎。

電話アプリを3D Touchすると、「新規連絡先を作成」や「連絡先を検索」などの下に「よく使う項目」として、登録している連絡先が表示されます。このアイコンをタップすればすぐに発信できます。

iPhone Tips
▲「連絡先」の「よく使う項目に追加」から登録(左)。「電話」のアイコンを3D Touchすると、「よく使う項目」欄に、登録した連絡先が表示されてアクセス性がアップします(右)

LINEに既読を付けずにチラ見する

LINEのメッセージが来たけど、まだ未読のままにしておきたい。そんなときは、3D Touchでトーク画面をちらりと覗くのがおすすめ。

トーク一覧で相手の名前を軽く押し込むと、トーク画面のプレビューが確認できます。ただし、完全に押し込むと開いてしまうので、強さは調整しましょう。

iPhone Tips
▲トーク画面を軽く押し込むと(左)、プレビューが表示されます(右)

iPhone Tips
▲そのまま上にスワイプすると、「通知オフ」「既読にする」「非表示」などが選択できます。既読にせず、このトークから離れたい......なんてときがあれば、役立ちますね

通知をまとめて全部消す

LINEにメールにカレンダー......ロック画面に溜まった通知を一気に消したいときも「3D Touch」の出番です。通常、「×」 「消去」の順にタップすると、一部の通知は削除されますが、それ以外は残る場合があります。

そこで「×」を3D Touchしてみましょう。表示される「すべての通知を消去」をタップすれば、通知の一覧をまとめて削除できます。

iPhone Tips
▲溜まった通知はこれでスッキリ

ちなみに、「設定」 の「アクセシビリティ」にある「3D Touch」の項目で、「3D Touch」のオンオフの切り替えや、感度の調整が行えます。

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: 3dTouch, iPhone, iPhone tips, line, tips
0シェア