MozillaがHoloLens 2対応ウェブブラウザー「Firefox Reality」発表。マイクロソフトと提携

ウェブとARはどのように融合する?

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年02月25日, 午前 07:50 in Wearables
0シェア
mozilla
Mozillaが、マイクロソフトが発表したMixed Reality ゴーグル HoloLens 2で動作するウェブブラウザー「Firefox Reality」を発表しました。デスクトップ版とは明らかに異なり、MRゴーグルで使用するために最適化されたUIを備えます。これはMagic Leapなど既存のMRヘッドセット用に開発されたFirefoxブラウザーをHoloLens 2にも対応させるもので、このためにMozillaはマイクロソフトと提携しており、Firefox Realityは次世代レイアウトエンジンServo上で動作するとのこと。Mozillaの開発者は、マイクロソフトの経験をもとに開発者やユーザーとともに拡張現実(AR)のコンテンツをウェブに取り込む方法を学ぶと意気込みます。

もちろん、現在はまだHoloLens用Firefox Realityのプロトタイプがあるだけで、新しい言語やランタイムを備える、新しいバージョンを見るにはまだ時間がかかります。その登場は夏頃になると考えられますが、このブラウザー登場後にどのようにAR/MRとウェブが融合していくのかを夢想するにはちょうどいい時間になるかもしれません。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: augmentedreality, browser, firefox, firefoxreality, gear, hololens, hololens2, internet, microsoft, mixedreality, mozilla, mwc2019, personal computing, personalcomputing, software, Wearables, web
0シェア