アナログレコード風の液晶ディスプレイ、用途は? JDIが12月量産

映像、音、香りでムードをコントロール

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年03月7日, 午後 01:59 in display
0シェア
XVG-01 Vega
ジャパンディスプレイ(JDI)は、新コンセプトのインテリア家電「奏で(かなで)シリーズ」を開発し、2019年12月に量産すると発表しました。

第一弾となるのが、アナログレコードプレーヤーのような外観の「XVG-01 Vega」(コンセプト名)です。同機は、映像と音楽、香りを同時に切り替え、室内のムードをコントロールするデバイス。

丸い円盤のような部分は、なんと「ディスプレイ」です。ディスプレイの詳細については明かされていませんが、スピーカーとアロマディフューザーも搭載しています。

同社は『五感のうち視覚、聴覚、嗅覚を刺激する』と説明し、『自然によるリラックス、旅行やアウトドアといった趣味の大切な一瞬を呼び覚ます感覚を、気軽に楽しめる』とアピールします。

本機の企画とプローモーションはJDIが担当し、デザインはデザインエンジニア集団「Ginger Design Studio」が担当します。

細かい仕様は試作機の段階なので未定ですが、小型で縦置きも可能になるとのこと。

実際の商品化が楽しみです。



TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: concept, Consumer electronics, device, display, electric, electronics, gadgetry, Gadgets, Incense, interior, JapanDisplay, jdi, mood, movie, music, odor, retro, XVG-01 Vega
0シェア

Sponsored Contents