ワイヤレス充電マットAirPower、3月下旬に発売? アップルは商標を確保の動き

あと数日しかありませんが

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年03月23日, 午後 05:30 in airpods
0シェア
airpowerReuters/Stephen Lam

2017年9月に発表、2018年中に発売が予告されながら、未だに登場しないアップル純正ワイヤレス充電マットのAirPower。アップル公式サーバーの中から新たな画像が発見されたのに続いて、3月下旬に正式発売されるとの噂が報じられています。台湾の電子部品業界誌DigiTimesの情報筋によると「iPhone、Apple Watch、AirPods用ワイヤレス充電器AirPowerは3月下旬に正式に発売される予定」であるとのこと。その部品であるGPPブリッジ整流器の量産を担当する台湾Lite-On Semiconductorは、おかげで第2四半期の売上高が2ケタの成長が見込まれるとされています。

DigiTimesは台湾の電子部品サプライヤーとは強い繋がりがあり、「生産」事情については一定の信ぴょう性が保たれています。ただし、「発売」に関しては未知数。今年1月にもLite-On SemiconductorにAirPower用のGPPブリッジ整流器が発注されていると報じていましたが、当時はAirPower発売時期は「2019年後半」としていました

とはいえ、AirPowerの発売が間近に迫っていると窺わせる手がかりが相次いでいるのも事実です。まず米WSJは「今年初め、アップルの幹部がAirPowerの量産開始を承認した」と報道しています。

それに続いて、米アップル関連情報サイトMacRumorsはアップルが「AirPower」の商標を確保したと伝えていました。

これはAdvanced Access Technologiesという会社が「AirPower」の商標を先に申請していたのに対して、アップルがUSPTO(アメリカ特許商標庁)に異議申し立てしたものの、現地時間3月20日に突如として取り下げ。そしてアップルの弁護士が商標出願の弁護士として記載されたことから、同社が商標を買い取ったと推測されていたものです。
patentMacRumors

DigiTimesのいう「3月下旬」が終わるまで、約1週間。3月25日のスペシャルイベントで新サービスとともにAirPowerが発表されるのか、それとも新型iPadやAirPodsのように公式サイトにいきなり現れるのか。いずれにせよ、対となるAirPods用ワイヤレス充電対応ケースは発表済みのため、近日中に登場する可能性は高そうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: airpods, AirPower, apple, AppleRumor, WirelessCharging
0シェア

Sponsored Contents