Razer Phone 3計画は死んでいない? テンセント提携発表の影で憶測登場

ぜひ後継モデルを出してほしい

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年03月25日, 午前 10:50 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Razer Phone 3

ゲーム周辺機器メーカーのRazerは中国テンセントとの提携を発表しました。これにともない、「Razer Phone後継機種(Razer Phone 3:仮称)」登場への期待もささやかれています。

TechCrunchによれば、米Razerとテンセントの提携ではハードウェアからソフトウェア、そしてサービス分野にまで及びます。また、テンセントが取り扱うバトルロイヤルゲーム「PUBG Mobile」や「フォートナイト」の、Razer PhoneシリーズやAndroid向けコントローラーへの最適化も含まれるとのこと。

今回の報道では、Razer Phone 3の計画が継続しているのかどうかについての言及はありません。なお、2019年2月には海外テックサイトのDroid-Lifeが、同スマートフォンの開発中止を伝えていました。

一方で台湾紙のDigiTimesは、RazerがRazer Phone 3をリリースする見込みを伝えています。同報道では気になることに、中国のシャオミやVivo、Nubia、台湾のASUSだけでなく、任天堂からのゲーミングスマートフォンの投入も示唆していました。

2017年11月に「初代Razer Phone」が登場して以来、市場には数多くのゲーミングスマートフォンが投入されました。しかしDigiTimesは、2018年のゲーミングスマートフォンの出荷台数は10万台程度だったことを伝えています。その理由としては、ゲーミングスマートフォンでも搭載プロセッサは他のハイエンド端末と変わらず、差別化が難しいという背景もありそうです。

現時点ではRazer Phone 3が投入されるのかどうかを断言することはできません。しかしゲーミングスマートフォン市場を切り開いた同シリーズには、ぜひ後継端末を披露してほしいものです。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gaming, mobile, razer, razerphone, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents