Gmail iOS版にカスタムスワイプ機能が追加。スワイプでスヌーズや既読切り替えも

Android版には登場ずみです

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年04月1日, 午前 10:40 in google
0シェア
Gmail iOS

GmailアプリのiOS版向けに、スワイプ操作のカスタム機能の配布が始まりました。これにより、アーカイブ以外のアクションを利用することが可能になります。

Gmail iOS


すでにAndroid版アプリには昨年6月から配布が開始されていた、今回の機能。これまでGmail iOS版ではメール受信画面の左右スワイプでアーカイブが可能でしたが、今後はそれにくわえて削除、既読/未読の切り替え、移動、スヌーズが可能になります。また、スワイプ画面の操作にはそれぞれの色が割り振られており、自分の操作が一見してわかりやすくなっています。

今回の機能は、Gmailアプリの設定から指定が可能です。しかし、ロールアウトが完了していない端末ではこの機能が表示されません(著者の端末でも未表示)。米グーグルによれば、機能のロールアウトは米国時間3月28日から開始されたと発表されています。

Gmailではインタラクティブな体験が可能になる「AMP for Email」の一般公開(ベータ版)がスタートするなど、現在も改良が進んでいます。最近ビジネス分野ではSlackなどチャットツールの進出が目立ちますが、まだまだメールの果たす役目は大きそうです。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: apple, apps, gmail, google, ios
0シェア