Windows 10 Homeでもアップデートの延期が可能に

次期アップデートで適用

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年04月5日, 午後 03:00 in personal computing
0シェア
Windows 10 Update
Microsoftが、5月下旬に予定されているWindows 10の次期大型アップデート(Windows 10 May 2019 Update)から、ユーザーがアップデートをよりコントロールしやすくなると発表しました。

具体的には、アップデートのインストールをユーザーの判断で最大35日間延期が可能となります。従来、Windows 10 Homeではアップデートの延期ができませんでしたが、今後はWindows 10 Homeを含むすべてのエディションで延期可能です。

延期は機能アップデートと月例アップデートで有効。7日延長後に再度7日延長といったことも可能ですが、延長は最大で35日まで。その後はアップデートを行う必要があります。

また、機能アップデートの場合は、「通常の更新プログラムのチェック」以外に、「Download and Install now(今すぐダウンロードしてインストール)」オプションが追加されます。2つを分けることで、機能アップデートを行わないまま月例アップデートのみの適用が可能になるとのこと。ただし、実行しているWindows 10のバージョンでサポート終了間近な場合には、自動的に機能アップデートをインストールするとのことです。

Windows 10 Update

Windows 10のアップデートでは、Windows 10 October Update(1809)の更新時に、一部ファイルが削除されてしまうとの問題が発生していました。機能アップデートのみを一時的に延期できるのなら、不具合情報などが出尽くしたタイミングでゆっくりインストールといったことも出来そうです。


Windows 10 May 2019 Updateは、来週からInsider Programの Release Preview向けに提供開始。5月下旬にWindows 10のすべてのバージョン向けに公開される予定です。
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: gear, microsoft, operating system, operatingsystem, personal computing, personalcomputing, windows, windows 10, windows 10 update, windows update, windows10, windows10update, windowsupdate
0シェア