KyashがAPI開放、オンラインバンクやポイントを『即Visa化』できるKyash Direct

銀行口座からフリマ売上金までなんでもVisa決済対応に

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年04月25日, 午後 12:35 in API
0シェア
Kyash Direct
ウォレットアプリ「Kyash(キャッシュ)」を運営するKyashは、サービス・アプリ開発者向けのVisaプリペイドAPI「Kyash Direct」を発表しました。

Kyash Directを利用することで、サービス開発者が自社ブランドの「バーチャルVisaカード」を発行できるようになります。たとえば、銀行ならオンラインバンクの預金残高をVisaプリペイドとして支払ったり、フリマアプリなら売上金をVisaで利用できるようにしたりといった形で利用できます。アプリなどに表示するバーチャルVisaカードのほか、実カードの発行にも対応。今後、電子マネーQUICPayの発行にも対応します。

Kyash Directのサービス開始にあたり、Kyashはビザ・ワールドワイド・ジャパンと提携。Visaのスタートアップ向けプログラムの一環として、Visaプリペイドの自社発行権限を取得しています。Kyash Directではカード発行から決済処理までKyashが提供することで、低コスト化で高速処理の決済サービスを提供できるとしています。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: API, cashless, CreditCard, Kyash, Prepaid, Visa
0シェア