iOS 13ダークモード発表。アプリ、絵文字、キーボードも漆黒表示 #WWDC19

観客も歓声

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年06月4日, 午前 02:57 in Mobile
0シェア
FacebookTwitter
engadget
アップルの開発者会議WWDC 2019より。アップルがiPhone、iPad、iPod touch向けの新OS、iOS 13ではダークモードをサポートすることを発表しました。カレンダー、iMessage、マップ、Apple Musicまでプリインストールアプリはひととおりダークモードをサポートし、漆黒の画面で操作が可能になります。ダークモードのサポートは細部におよび、絵文字や通知画面、キーボードなどもブラックの背景に完全にマッチするようになっており、Apple Musicアプリでは歌詞表示もブラックの背景画面できれいに同期表示されます。デモでは、刷新されたリマインダーアプリがメッセージの会話から自動でタスクを検出するといった新機能も紹介されました。


 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: #wwdc19, Apple, DarkMode, iOS, iOS13, Mobile, wwdc19, wwdc2019
0シェア
FacebookTwitter