約1万2000円の「Nokia 2.2」はノッチ付き全画面デザインを実現した格安モデル

サブ端末としても良さそう

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年06月7日, 午後 05:30 in mobile
0シェア
Nokia 2.2

ノキアブランドの端末を開発/製造するHMD Globalは、新型スマートフォン「Nokia 2.2」を発表しました。こちら、99ユーロ(約1万2000円)と極めて安価な端末となっています。

Nokia 2.2は5.71インチ/720p解像度の液晶ディスプレイを搭載したスマートフォンで、画面上部にはフロントカメラを収めたノッチが配置されています。カメラのスペックは背面のメインカメラが1300万画素/f2.2、フロントカメラが500万画素です。

プロセッサにはクアッドコア/2GHzのMediaTek Helio A22、RAMが2GBもしくは3GB、内蔵ストレージが16GBもしくは32GBと、価格なりのものを採用しています。

OSにAndroid Oneを採用することで、一定期間のセキュリティーアップデートとOSアップデートが保証されています。取り外し可能な3000mAhバッテリーを搭載するのも特徴。本体側面にはGoolge アシスタントを起動する専用ボタン、またイヤホンジャックも備えています。

本体カラーはタングステン・ブラックとスチールの2色。ヨーロッパおよびインド市場向けに投入される予定となっています。


 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: android, Android One, mobile, nokia, smartphone
0シェア