マイクロソフト、Cortanaを単独アプリとしてMicrosoft Storeで配信開始

コルタナさん単独のアップデートが可能になります

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年06月30日, 午後 04:30 in personal computing
0シェア
Cortana
Windows 10に搭載されている音声アシスタントといえばCortanaですが、最近では検索機能から分離されたほか、Windows 10 Home以外ではセットアップ時の音声ガイドもデフォルトで無効になるなど、OSからの分離が進みつつあります。

そんな動きの1つなのか、まだベータ版ではありますが、CortanaがMicrosoft Storeで、スタンドアロンアプリとして配信されました。これまで、CortanaのアップデートはWindows Updateとして配信されていましたが、今後は、Windowsとは別に更新がかけられるようになります。

以前、WindowsでCortana以外のアシスタントが利用可能になるのではとの噂もありましたが、いまのところ置きかえられるようにはなっていません。それでも、Windows 10向けにハンズフリー操作に対応したAlexaアプリがリリースされており、その下地はできているとも言えます。

今回の単独配信は、この流れを加速させる可能性もありそうです。


とはいえ、すでにAndroidやiOS向けにもCortanaは配信されているので、これらとアップデートのタイミングを合わせる意味でも、Windows向けのCortanaが独立したアプリになるのは自然なことかもしれません。

また、Microsoftは5月に開催されたBuild 2019で、AIアシスタントと自然な会話を行える新技術を披露しています。この技術をCortanaに組み込むともしており、今回のアプリリリースは、その下準備と考えることもできそうです。


いずれにしろ、Cortanaがこの先どうなるのか、正解が分かるのはもうしばらく先になりそうです。

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: cortana, gear, microsoft, personal computing, personalcomputing
0シェア