「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」設立へ 11.7兆円規模でアップル、マイクロソフトなど出資

第2の10兆円ファンド。サウジ政府の出資は受けず

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年07月26日, 午前 09:26 in Softbank
0シェア
FacebookTwitter
ソフトバンク
ソフトバンクグループ(SBG)は、私募ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」を設立すると発表しました。第1弾のビジョン・ファンドと同じく、業界トップクラスのテクノロジー企業への投資を目的としています。

発表日(7月26日)時点で、出資予定総額は1080億ドル(11.7兆円)という規模。そのうちSBGは380億ドル(4.1兆円)を拠出します。

ソフトバンク以外の投資者にはアップル、Foxconn Technology Group(台湾鴻海グループ)、マイクロソフト、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、第一生命保険、三井住友信託銀行、SMBC日興証券、大和証券グループ本社、カザフスタン国立銀行投資公社、スタンダード・チャータード銀行と台湾の大手投資家(詳細非公表)が名を連ねています。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, Foxconn, investment, Microsoft, SBG, Softbank, softbankvisionfund
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents