Oculus Questでネットサーフィン、Firefoxが対応

日本語で音声検索できるのがメリット

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年07月26日, 午後 12:30 in wearables
0シェア
Firefox Reality VR
Firefoxブラウザの開発を行うMozillaが、AR/VR向けブラウザFirefox RealityがOculus Questで利用可能になったと発表しました。Oculus Questストアから無料で入手できます。

Firefox Realityは、2018年9月にリリースされたAR/VR向けブラウザ。デスクトップ版のFirefoxと同じレンダリングエンジンを利用しており、VRでも同じ表示を得られます。


リリース直後は日本語は利用できませんでしたが、現在は日本語や韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語を含む10の言語を利用可能。仮想キーボードからの日本語変換は行えませんが、日本語での音声検索には対応しています。

Mozillaは今後、WebXRやマルチウィンドウ対応、ブックマークの同期などの新機能サポートを今後数か月かけて行うとしています。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: browser, facebook, firefox, firefox reality, gear, internet, mozilla, oculus quest, video, virtual reality, vr, wearables, web
0シェア