Minecraftリアル化計画『Super Duper』パック開発中止。発表から2年「技術的要求高すぎた」ため

「その他の方法」を検討中

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年08月13日, 午後 12:20 in AV
0シェア
Mojang/Microsoft
箱庭ゲーム『Mineraft』のメーカーMojangが、2017年に予告していたグラフィックのリアル化アップデート「Super Duper Graphics Pack」の開発中止を発表しました。理由は「技術的に要求が多すぎ」たから。Mojangは「デバイスによってはアップデートが満足のいくパフォーマンスを得られなかった」としています。「Super Duper Graphics Pack」はXbox One Xでの4Kサポート、ブロックのエッジハイライト、夕焼けや青空など大気による太陽光の散乱現象の再現、たゆたう水面など、既存のブロックブロックした画面をはるかにリアルに表現することになっていました。そしてただグラフィックを見映え良くするだけでなく、システムのコアを置き換えるアップデートとされ、PlayStation 4を除くすべてのシステムで新しいバージョンへ移行させる意欲的なものでした。

ただ、Mojangはすべてのグラフィックアップデートをやめてしまったわけではなく、将来的に「新しい外観でMinecraftを体験するための他の方法を検討している」と述べ、各プラットフォームの技術的アーキテクチャを最大限活用することを考えているとのこと。これに関しては「近日中に詳細をお知らせします」としています。

世界の全てをブロックで構成していくゲームにどこまでリアルさが必要かは、人によって好みの分かれるところかもしれません。中途半端に世界やキャラクターをリアルにすることよりも、WWDCで公開された『Minecraft Earth』におけるAR技術の取り込みなど、新たな楽しみ方を取り込み提供していくほうがプレイヤーを「わくわく」させるゲームであり続けるためには良いかもしれません。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: AV, games, gaming, microsoft, minecraft, mojang, personal computing, personalcomputing, super duper graphics pack, video games
0シェア