マイクロソフト、10月2日に大型イベント開催。噂の2画面Surface発表か

Surface ProへのUSB-C採用もニーズが高そう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年08月28日, 午後 01:50 in foldable
0シェア
FacebookTwitter
Surface
マイクロソフトは8月27日(米現地時間)メディア企業など向けに、10月2日に行う大型イベントの招待状を送付しました。米Engadgetに届いた招待状には何が発表されるのか具体的な手がかりは記載されていませんが、昨年のSurfaceイベントからちょうど1年目であることから、Surface新製品がお披露目されると予想されます。2018年10月に開催されたイベントでは、マイクロソフトはSurface Pro 6、Surface Laptop 2、Surface Studio 2、そしてアクティブノイズキャンセルに対応したSurfaceヘッドホンを発表。今回も大型イベントにふさわしい、何らかのサプライズが期待できると思われます。
海外テックメディアThe Vergeによれば、このイベントは噂の2画面Surfaceが最初に発表される場になるかもしれないとのこと。本デバイスは、2年以上にわたって「Centaurus」というコードネームの下で開発されてきたもので、2020年発売が目標と述べられています。経済誌Forbesも「2つの9インチディスプレイが搭載された折りたたみ式で、2画面に最適化されたWindows Core OS(WCOS)を採用してAndroid OSも動作」との予測を伝えていました。

この2画面Surfaceは今年初めの社内会議でデモが行われ、プロトタイプ開発が終盤に近づいていることが窺えたとのこと。それでもマイクロソフトが10月のイベントで本デバイスを披露するかはどうかは定かではない、サティア・ナデラCEOは発表予定の数週間前に「Surface Mini」をお蔵入りにしたことが有名だーーThe Vergeはそう昔の事例を挙げ、過度の期待を戒めています。

米アップル関連情報サイト9to5Macは、ほか新型Surface ProシリーズにUSB-Cポートが追加される可能性があるとも指摘しています。マイクロソフトの独自コネクタSurface Connectに納得がいかず、USB-Cからの給電を望んでいるSurface Proユーザーにとっては、そちらの方が2画面デバイスよりニーズが高いかもしれません。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: foldable, laptop, laptops, microsoft, microsoft surface, surface, SurfacePro, tablet
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents