モトローラ4眼スマホ、One Zoomの公式?画像が出回る。予測価格とレンズ構成も

今流行の5倍ハイブリッドズームも搭載

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年08月30日, 午前 10:00 in smartphone
0シェア
Motorola Next One
米モトローラの未発表スマートフォン「Moto One Zoom(仮称)」とされる公式らしき画像が、海外にて発見されています。

ドイツ語テックサイトのWinFutureでエディターを務めるRoland Quandt氏が投稿した今回の画像では、背面にクアッドカメラを搭載した特徴的なデザインの端末が確認できます。Quandt氏によれば、Moto One Zoomのメインカメラは4800万画素。搭載されたセンサーは4画素を1画素として扱うことで、1200万画素の暗所に強いカメラとしても利用できます。ただし、このような技術(とセンサー)は、中国OnePlusのOnePlus 7 Proでも取り入れられていますが、その撮影画質は評判が高いとはいえないようです。

Motorola One Zoom

カメラシステムとしてはその他にも、3倍望遠カメラを搭載。これはソフトウェアと組み合わせることで、5倍のハイブリッドズームが利用できます。その他にも画角117度の超広角カメラと深度センサーが搭載されており、合計では最新トレンドとも呼べる4基に。全体として撮影可能な画角は、35mm換算で13〜81mmにも及びます。

Moto One Zoomの予測販売価格は429ユーロ(約5万円)とされており、昨今ホットなミッドレンジ市場向けのカメラ機能強化端末となるようです。また、著名リークアカウントのEvan Blass氏は、Moto One ZoomにはAlexaが搭載されAmazonでの販売を強く意識したモデルとなることを指摘しています。

そして気になることは、このスマホの位置付け。Quandt氏によればMoto One ZoomはMotorola One Actionとは異なり、背面にその刻印がないことからもわかるように、Android Oneプログラムの端末ではありません。モデル名にOneが付くことを考えると興味深いところです。


 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: android, moto one zoom, motoonezoom, motorola, smartphone, smartphones
0シェア