Suicaの鉄道利用でもJRE POINTが貯まるように。10月1日から

モバイルSuicaなら2.0%、カードタイプは0.5%

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年09月3日, 午後 07:00 in payment
0シェア
JRE POINT
JR東日本は9月3日、10月1日からSuicaの鉄道利用でも「JRE POINT」が貯まるようになると発表しました。

JRE POINTは、JR東日本グループのポイントサービス。これまで、エキナカ、駅ビルでポイントカードを提示しての買い物、ビューカードやSuicaでの買い物などでポイントを貯められました。10月1日からは、Suicaでの鉄道利用によってもポイントが貯まるようになります。

ポイントの還元率は、カードタイプのSuicaは1回の利用で0.5%、モバイルSuicaなら2.0%。たとえば、東京~津田沼間(473円)の利用なら、カード式Suicaで2ポイント、モバイルSuicaは9ポイントの還元です。なお、1回の利用で還元が1ポイントに満たない場合でも、1ポイントは貯まるとのこと。

JRE POINT

また、モバイルSuica定期券の購入でも1回の購入額の2.0%が還元されます。定期券購入の場合、カードタイプのSuicaは対象外です。

このほか、2020年12月以降には、回数券のように同じ区間を繰り返しSuicaで乗車するとポイント還元率がアップしたり、タッチでGo!新幹線の利用でも貯まるようになるなど、サービスを拡大していく予定です。

貯まったポイントについては、これまでも、1ポイント1円としてSuicaにチャージが可能でしたが、2021年春以降にはえきねっとで新幹線の座席アップグレードに利用したり、新幹線・在来線特急列車に乗車できる特典チケットに交換したりが出来るようになるとのこと。飛行機のマイルと同様の使い方ができそうです。

なお、SuicaでJRE POINTを貯めるには、JRE POINT WEBサイトで使っているSuicaを登録する必要があります。忘れずに登録をしておきましょう。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: cashless, jr, JrEast, jrepoint, mobilesuica, payment, suica, train, transportation
0シェア

Sponsored Contents