メガドラミニ+メガドラタワーミニを買ってみた、電源を入れなくても30分は遊べます

アートセンスは当時のままです

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年09月20日, 午前 09:17 in game
0シェア
Engadget
9月19日に発売となったメガドライブミニ。その実機を当然のごとくオプション機器のメガドラタワーミニとともに自腹で予約していたので、レビューをお届けします。

ちなみに先に端末価格をお伝えするとすべて税別で、メガドライブミニ(1PAD)が6980円、メガドライブミニW(2PAD)が8980円、コントロールパッドが2500円、メガドラタワーミニが3980円です。

megadra

箱のパッケージ写真を見ると湧き上がってくる郷愁ーーということもなく、実家で放り出しっぱなしにしている(さすがに最近のテレビに繋げませんが)メガドライブとまた会った感じ。それだけアートセンスも当時のままを再現されているわけです。

ただ、箱から現物を出してみると「ちっちゃ!」と思わず声が漏れます。オンオフボタンやリセットボタンもそのまんまで、手のひらサイズ。スーファミミニと並べてみましたが、当時の大きさ感覚もちょうどこういうものでした。

mini
そして側面を見ると、メガCD用の差込み端子もしっかりと再現。このとき注意したいのが外蓋で、ミニチュアなりに小さくなっているので、うっかりすると永遠の別れとなりかねません。


mini

次にメガドラタワーミニです。透けるプラスティックのパッケージが、アクションフィギュア感覚ですね。メガCDとスーパー32X、ほかカートリッジ2つが合体を夢見て眠っています。

mini

さらに箱の裏には「あの伝説の"メガドラタワー"が蘇る!」と煽り文句もあり。簡易の組み立て方マニュアルも印刷されていて、やっぱり変形合体ロボット玩具のノリですね。

mini

「特別付録」とは、メガドライブ関連の回路図をノート形式にしたものおよびピンナップポスター。メガドラのあられもない姿(内部の回路図)やセガの社歌「若い力」の歌詞と楽譜も載っています。かなりお得だと思います。

mini

さて、いよいよメガドラタワーミニ合体のときです。メガCDミニの上にメガドラミニを載せてスーパー32Xミニをセットし、「ソニック&ナックルズ」のROMカートリッジミニを差し込み、その上を開いて「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のカートリッジミニを押し込みます。

いや「カートリッジにカートリッジを差し込む」ロックオンカートリッジという仕組みですが、こういうギミックがセガらしさ。まぁサンソフトも「親ガメ・子ガメカセット」をやってましたけど。

mini

そして最大高度に達したメガドラタワーミニ、大地に立つ。本物と違ってメガCDミニとメガドラミニの接合部分はロックされてないので、実はけっこうぐらついたりします。

そして、すべてをドッキングした雄姿がコチラ!

mini

もちろんスーパー32XミニにもメガCDミニにも機能なんてないので、アクセサリーなんて飾りですよ(当たり前)。ふだん使いでメガドラミニをテレビの横に常備する場合、場所を取るだけかもしれませんね。ただ、オリジナルでの背面のややこしい配線をする面倒がないのはいいことです。

一度も電源を入れないのに30分は遊べたので、プレイバリュー最高でした。ようやくテレビに繋ぎます。標準HDMI端子のうえにHDMIケーブル同梱、電源はMicro USB(こちらもケーブル同梱)のためセットアップはとっても楽ちん。あのデカくて重くてタップに繋ぎにくいACアダプタは再現されなくて胸をなで下ろします。

mini

43インチの4Kテレビでプレイするという、メガドラに最も似つかわしくない21世紀っぷり。それにしても40+2タイトルがズラリと並んでいる光景には、胸にこみ上げてくるものがあります。主にダンボールからROMカートリッジを出してこなくても遊べるという意味で。そのうえ、メガドラミニのために開発された「新作」2本まであるんですから。

mini

設定画面では、言語選択やスクリーン設定のほか壁紙設定まであり。同じM2開発のSEGA AGES仕様と言えばそれまでですが、この一手間(どころじゃないと思いますが)が案外...... できぬものなのだ......!できてない具体的な復刻ゲーム機の名前は伏せます。

mini

軽く2,3タイトルをプレイした感触は、メガドライブ実機そのまま。「大魔界村」1面でミニ竜巻発生地帯で死にまくり、「ザ・スーパー忍」序盤で八双手裏剣を使いすぎてガス欠になる体験もそのままですが、途中セーブ&ロード機能のありがたみ。

mini
▲そして「ダライアス」!ということで、より詳しいプレイの感想はまた後日に



TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: game, GameConsole, megadrive, megadrivemini, Retrogame, retrogameconsole
0シェア

Sponsored Contents