アマゾン、コンセント直挿しのAlexa端末「Echo Flex」発表。別売アクセサリで拡張も

玄関とか洗面所に良さそう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年09月27日, 午後 12:45 in amazon
0シェア
Echo Flex
Amazonが9月25日(米国時間)に行ったハードウェア発表イベントにおいて、コンセントに直接挿し込める新しいタイプのEchoデバイス「Echo Flex」を発表されました。日本では11月14日に発売。価格は2980円(税込)です。

Echo Flexは、コンセントに直接接続できるUSB充電器のような形状ですが、マイクとスピーカーを搭載。音楽再生には向きませんが、Alexaを使いたいけどEcho Dotを置く程でもない場所に適したデバイスです。玄関や洗面所、廊下やキッチンなど、あらゆる場所でAlexaが利用可能になります。

また、底面にUSB Type-Aポートを備えており、別売りアクセサリで拡張できるのが特徴です。本体と同時にナイトライトとモーションセンサーの2つが発売されます。価格はどちらも1780円(税込)。

たとえば、モーションセンサーを玄関のEcho Flexに接続しておけば、帰ってきたときに「おかえりなさい」のメッセージとともに、玄関のスマート照明をONにするといったことも可能です。
Echo Flex

底面のUSBポートは7.5Wの出力があり、スマートフォンなどの充電にも利用できます。

なお、3.5mmのステレオ出力端子も備えているので、外部スピーカーを接続すれば簡単にAlexa対応スピーカーにできます。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: alexa, amazon, av, echo, echoflex, smartspeaker
0シェア

Sponsored Contents