アマゾンがEcho Studio日本版発表。Dolby Atmos対応の高音質スピーカー

Fire TVとのペアリングも可能

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年09月26日, 午後 02:00 in amazon
0シェア
Echo StudioAmazonが9月25日(米国時間)に開催したデバイス発表イベントより。Echoシリーズの最上位モデルとなるEcho Studioを発表しました。日本では12月5日に発売されます。価格は2万4980円。

Echoデバイス向けのサブウーファーEcho Subに似た外観のEcho Studioですが、単体では利用できなかったEcho Subとは違い、Echo Studioは単体での利用が可能です。

スピーカーユニットの構成としては、5.25インチウーファー x 1、2.0インチミッドレンジスピーカー x 3、1.0インチツイーター x 1の計5つを搭載。また、Echoシリーズとしては初めて、Dolby AtmosとSony 360 Reality Audioを採用。音に包まれるような没入感ある3Dオーディオを体感できるとしています。

Echo Studio

さらにAppleのHomePodのような設置場所に応じた音響特性の自動調整機能も備えており、まさに「音楽を聴くためのEchoデバイス」といったイメージです。また1台でステレオ再生に対応しますが、2台ペアにすることで、よりリッチなステレオ環境も作れます。

加えて「3Dマスタリングされた新しい音楽フォーマット」を再生できるとのこと。現状では具体的にどういったものかはわかりませんが、今後、Amazon Music HDを通じて提供予定となっています。

また、Fire TV Cube(第2世代)、Fire TV Stick 4K、Fire TV(第3世代)とペアリングを行うことで、迫力ある音響で映画を楽しむこともできます。

そのほかの機能として、Echo Plusと同様にスマートホームハブ機能も搭載。HueのようなZigbee規格のスマート家電なら、別途ゲートウェイを用意せずとも直接操作が可能です。

なお、Echo Studioの発表に合わせて、AmazonサイトのEcho Subがデバイス一覧から姿を消しました。まだ販売はしていますが、ともすればこのまま販売終了となる可能性もありそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: alexa, amazon, av, echo, echostudio, smart speaker, smartspeaker, speakers
0シェア

Sponsored Contents