Apple 福岡がオープン、世界初「障子スクリーン」採用の和風な店舗に600人が行列!

矢崎編集長が第7世代iPadを発見

EngadgetJP Staff
EngadgetJP Staff, @engadgetjp
2019年09月28日, 午前 10:03 in apple
0シェア
Engadget
9月28日、「Apple 福岡」がオープンしました。Apple 福岡天神が移転した格好で、所在地は天神駅/天神南駅から徒歩でアクセスできる福岡市中央区天神2-5-19です。オープンの際は10時の開店に合わせて多くのAppleファンが詰めかけました。現地の写真と合わせてApple 福岡の魅力をご紹介しましょう。
Engadget
▲外観はのびやかな木製のひさしがポイント。横幅は以前の店舗より50%広くなり、3倍の高さに

Engadget
最大の特長はApple Storeでも世界初となる「障子スクリーン」を採用。屋外の庭の風景と組み合わさり、日中の店内にはほどよい自然光が差し込みます。外が暗くなってからは、内部の照明が暖かみのある人工光に。日本らしいデザインとなっています。
Engadget
▲ビデオウォールの大きさは縦3m、横8m

Engadget
「Boardroom」は起業家やアプリ開発者が利用できる、法人向け専用のスペース。屋外の美しい竹が植えられた庭の景色を一望できます。IT関連の企業が多い福岡では多くの方が利用しそうですね。



Engadget
Apple 福岡のシニアマネージャーのミカエラさんはオープンに際して「初めて2003年に銀座にオープンし、福岡でも14年前からオープンしていました。Apple 福岡としてリニューアルオープンできて嬉しい。18.5メートルもガラスがあり、正面の木々、障子のスクリーンが特徴です。店舗のスタッフは全員で10言語を話すことができ、世界中の人々の来客に対応できます」とコメントしました。



新店舗オープン時の恒例となっているおみやげ。もちろん今回もございます!オリジナルのトートバッグ、シール、ピンバッジが早朝から詰めかけたファンに配られました。

Engadget
▲昨晩10時から並んでいたというEngadget 日本版読者のみなさんと、早朝飛行機に乗ってやってきた矢崎編集長

Engadget▲恒例の活気あふれるストアスタッフとファンとの交流

Engadget
▲中も外も人、人、人、大盛況でスタートがきれました ▲開店前には約600人もの行列ができていたそうです

Engadget 日本版にも多くの動画記事をご寄稿されているわっきさん(Digital Wackys)がTHETAで撮影した店内の360度写真をお届けします。後ほど、動画レポートも公開予定です。
本日オープン「アップル福岡」大きなビデオウォール前にて #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
ぐるっとアップル福岡店内 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
アップル福岡地下にある法人向け専用スペース「Boardroom」 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

■おまけ

Engadget
▲店舗を探検していた矢崎編集長が第7世代iPadを発見!Smart Keyboardと合体する最新モデルを購入できます

Engadget
▲iPad Airと並べてみました。0.3インチの差と薄さ、この違いを実際触って比べてみてください
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: apple, applefukuoka, AppleStore, ipad, iphone
0シェア

Sponsored Contents