Microsoftの新OS「Windows 10X」は2画面端末向けとの噂。10月2日のイベントで発表か

テンエックス?それともテンテン?

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年10月2日, 午後 04:50 in personal computing
0シェア
Microsoft
Microsoftが10月2日23時(日本時間)から開催するSurfaceイベント。そこで発表されるとみられるSurface Pro 7やSurface Laptop、ARM版Surfaceなどの画像がすでに流出していますが、もう一つ、2画面Surfaceについての追加情報もでてきました。


画像を公開したEvan Blass氏は、「ここには描かれていませんが2画面Surfaceもある」とのツイートもしていました。これをフォローする形で、Windows 10Xというデュアルスクリーンデバイス用の新しいプラットフォームを採用するとの情報をツイートしています。

Blass氏によると、Windows 10Xはコンテナー上でデスクトップアプリを動かすとのこと。仮想化した上でアプリを動作させると考えられ、Chrome OSのようにネット接続が前提のプラットフォームとなる可能性があります。なお、以前にはChrome OS対抗のWindows Liteが開発中の情報も流れており、これがWindows 10Xとなるようです。


ハードウェアについては画像も含めて不明な点が多いのですが、以前から、2画面Surfaceデバイス「Centaurus(ケンタウロス)」を開発中だとの噂はあります。これはLenoboのYoga Bookのようなデバイスになるようです。


Chrome OS対抗のOSを搭載するのあれば、ハードウェア的にはそれほどハイスペックなものではなさそうですが、長らく噂されてた2画面Surfaceがどんな姿で登場するのか、発表を楽しみにしたいところです。
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: centaurus, evleaks, gear, microsoft, operating system, personal computing, personalcomputing, software, windows, windows 10x, windows lite, windows lite os
0シェア