Galaxy A20がドコモにも。約2万円の日本向け格安Galaxy

鮮烈なレッドが素敵

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年10月11日, 午後 12:02 in mobile
0シェア
ドコモ Galaxy A20
NTTドコモは、サムスン製のAndroidスマホ「Galaxy A20 SC-02M」を11月1日に発売します。薄型大画面に日本で求められる機能しつつ、価格は2万円前後まで抑えています。

サムスン内製のSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。厚さは約8.1mm、重さは151gと、薄く軽く仕上げています。

同名のモデルが海外でも発売されていますが、日本のニーズに応えるために大幅なカスタマイズが施されています。防水・防塵に対応し、おサイフケータイ(FeliCa)をサポート。本体にはストラップホールも備えています。

ドコモ Galaxy A20

さらに、日本のGalaxyシリーズでは初めて、FMラジオに対応。「radiko」のハイブリッドラジオ版を搭載した「ラジスマ」となっています。

ディスプレイ解像度はHD+の720×1560ドット。チップセットはサムスン内製のExynos 7884B(1.6GHz+1.3GHz、オクタコア)で、メモリは3GB、ストレージは32GBをという構成。動画視聴やSNSの閲覧など、一般的な用途では十分なパフォーマンスを発揮できる構成です。カラバリはレッド、ブラック、ホワイトの3色です。

なお、このモデルはauでも「Galaxy A20 SCV46」として発表されています。

ドコモ Galaxy A20


【NTTドコモ 冬春モデル 一覧記事はこちら】


新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: Android, domoco, Galaxy, GalaxyA20, mobile, NTTdocomo, Samsung, smartphone
0シェア