ソニーのスマホ事業は黒字継続、販売台数は6割減──Q2決算

通期の販売見通しを下方修正

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年10月30日, 午後 05:00 in mobile
0シェア
engadget
ソニーは10月30日、2020年3月期Q2(7〜9月)決算を発表。Xperiaシリーズに代表されるスマートフォン事業はQ1に引き続いて黒字を確保しました。なお、スマートフォンの販売台数は前年同期で6割減となっています。

発表によると、ソニーのエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション部門のうち、スマートフォンを扱うモバイル・コミュニケーション部門の売上高は777億円(前年同期は1149億円)、営業利益は6億円(前年同期は298億円の赤字)でした。

大幅増益となった要因としては、前年同期に長期性資産を減損処理したことが影響。このほか、オペレーション費用の削減が奏功しました。

スマートフォンの販売台数は約60万台と、前年同期の160万台に比べて6割以上減少。これは一部海外市場からの撤退などが影響しています。なお、スマートフォンの通期での販売見通しを当初の400万台から350万台へ下方修正しています。

なお、国内市場では分離プラン義務化の影響で、スマートフォンの売れ筋は高価格端末から中価格帯にシフトする見通し。それに対応して比較的安価な「Xperia Ace」「Xperia 8」を投入し、ミドルレンジ需要を取り込む考えです。

(訂正)記事掲出時、通期の販売見通しを据え置くと記載しましたが、正しくは400万台から350万台へ下方修正していました。訂正しお詫び申し上げます。
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: mobile, sonymobile, xperia
0シェア

Sponsored Contents