Amazonが「Amazon Fresh」の月額利用料を廃止。プライム会員なら無料で利用可能に

ただし日本は関係ない模様

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年10月30日, 午後 05:20 in amazon
0シェア
Getty Images
2019年10月29日(現地時間)、Amazonはプライム会員向けの生鮮食品配達サービス「Amazon Fresh」の月額料金を廃止すると発表しました。

Amazon Freshは2007年から始まったプライム会員限定のサービス。これまではプライム料金12.99ドル(約1400円)に加え14.99ドル(約1600円)の月額料金が必要でしたが、今回の料金廃止によりプライム料金のみでAmazon Freshが利用できるようになります。また、早期配達を求めるユーザー用に、1時間内配達と2時間内配達のオプションも追加するとのこと。

過去には年間299ドル(約3万2000円)と高額だったAmazon Freshですが、プライム会員なら無料で利用できるので新たなユーザーも増えるでしょう。とはいえ、月額料金を廃止することでAmazonはサブスクリプションによる大きな収益を失います。それでも廃止せざるを得なかったのは、同じような生鮮食品の配送を行っているウォルマートなど、大手スーパーマーケットとの競争の激化が背景にあるとのこと。

ちなみに、月額料金の廃止はAmazon Freshを展開しているアメリカ国内外のおよそ2000都市が対象。日本でもアマゾンジャパンが一部の地域限定で同様のサービスを行っていますが、月額利用料の廃止は現在のところ行われないようです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: amazon, amazon fresh, amazon prime, delivery, subscription
0シェア

Sponsored Contents