ユーザーではなく話題をフォロー。Twitter新機能「トピックフォロー」が間もなく利用可能に

300を超えるトピックが用意されるとのこと

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年11月7日, 午後 03:10 in twitter
0シェア
Twitter
Twitterが8月に米国でテストを開始していた、アカウントではなくトピックをフォローする機能を11月13日に正式リリースします。


これは、スポーツやエンターテイメント、ゲームなど300を超えるトピックをフォローすることで、直接フォローしてないアカウントのツイートでも、トピックにマッチしていれば表示されるようになるというもの。検索結果のリスト化に近いイメージですが、リストに追加されるわけではなく、直接タイムラインに表示されるようです。ただし、フォローしたトピックを含んでいればツイートが無条件に表示されるわけでもなく、Twitterのアルゴリズムにより関連性が高く、価値があると判断されたツイートのみが表示されるとのこと。
またTwitterは反対に、特定のトピックを表示させない設定にも取り組んでいるとのこと。試合結果やテレビ番組などのネタバレを防ぐには便利そうです。

なおこの機能の導入後は、自身のツイートに関しても特定のトピックに関連したものであれば、そのトピックをフォローしている見知らぬ誰かのタイムラインに表示される可能性があります。

この機能により、特定の話題を追いたいければ、誰をフォローすればいいかわからないといった場合には便利になりそうです。タイムラインではなく、リストに分かれたほうが使い勝手が良さそうな気もしますが、こちらについても計画中とのこと。

導入タイミングに関しては冒頭で紹介したように、11月13日にグローバルで展開予定とされていますが、言語関連なものだけに、日本語対応は遅れる可能性もありそうです。実際にどんなトピックが用意されているのかも含め、続報に期待したいところです。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: internet, mobile, social media, social network, social networking, topics, twitter
0シェア