iOS版Lightroomユーザー待望。外部メディアからの直接インポートに間もなく対応

一度デバイスに取り込む手間がなくなります

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年11月14日, 午後 05:05 in adobe
0シェア
iPad Lightroom
11月初めに開催されたAdobe MAXではiPad版Photoshopが発表されましたが、すでにリリース済みのiPad版(iOS版)Lightroomにも、地味ながら便利な更新が入りました。ユーザーが待望していた、外部メディアから直接の写真インポートが可能となるためです。

これまで、iPadやiPhoneのLightroomで写真を取り込むには、まずカメラロールに写真を保存し、そこからLightroomに取り込む必要がありました。単純に手間がかかるというだけではなく、ストレージ容量も2倍必要となってしまうのが厄介です。

しかし、11月13日(現地時間)にAdobeのYouTubeチャンネルで公開された情報によると、間もなく行われるアップデートにより、外部ストレージからLightroomへ直接インポートが可能になるとのことです。



iOS 13では、USBメモリなどの外部メディアが利用可能となりましたが、Lightroomのインポート機能もこれを受けてのもの。年内には利用可能になるとしています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: adobe, apple, cameras, creative cloud, design, gadgetry, gadgets, ios, ipad, IpadOs, iphone, Lightroom, mobile, photography
0シェア