神戸市でAIによる放置自転車の監視実験を11月29日より実施。動画・画像解析で放置状況を定量的に測定

駅前の放置自転車を減らす糸口になるかも

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年11月27日, 午後 04:50 in technology
0シェア
SCORER2019年11月27日、AIによる映像解析システムを開発・運営しているフューチャースタンダードは、「AIを使った放置自転車監視の実証実験」を神戸市と協働で行うと発表しました。

今回の取り組みは、神戸市が企業と協働して地域課題を解決する「Urban Innovation KOBE」というプロジェクトの一環です。過去には水道水の利用促進や給食献立の情報ツールの作成といった取り組みが行われ、今回は「放置自転車」をテーマに参加企業を募集。AIを使った映像解析を行うフューチャースタンダードがパートナーとして選ばれました。

神戸市では、かねてより道路環境整備のために撤去や駐輪場の整備を行っているものの、現状が把握し切れていないため満足な対策が行えていません。そこで、フューチャースタンダードの映像解析AIプラットフォーム「SCORER」を利用し、放置自転車の多い地域の映像を解析。放置自転車の多い箇所、曜日、時間帯、駐輪した人が向かった方向などの情報を集め、今後の対策に活用するとしています。

もしAIによる映像解析が効果的であれば、適切な撤去タイミングの把握や、駐輪場を増設する際の効果的な位置の予測に役立つでしょう。また、放置自転車は全国の自治体でも問題となっていますから、神戸市だけでなく他の各自治体でもAIによる解析が導入されるようになるかもしれません。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: ai, Machine Learning, SCORER, technology, Urban Innovation KOBE
0シェア