「突然無料サンプルが届く」Amazonの販促プログラム、2020年終了へ。不審がる消費者続出

いきなり送られてくるのを不気味に感じるユーザーも多かったそう

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年11月27日, 午後 02:50 in Services
0シェア
Amazon Free Shipping
2019年11月26日(現地時間)、Business Insider誌は「Amazonが購入履歴を基にユーザーに商品サンプルを配布するプログラムを2020年に終了する」と報じました。

このプログラムはユーザーの購入履歴をAIが解析し、その結果に基づいた商品情報をページに表示させたり、商品サンプルを配送したりする仕組みで、2019年1月に導入されました。

ユーザーの購買意欲を刺激する広告戦略として話題になりましたが、いきなりサンプルが送られてくることを不気味に思うユーザーが少なからずいました。また、個人情報の取り扱いについて懸念を示すユーザーがいたことから、終了に至ったとのこと。

サンプルを提供する企業は、サンプル自体とは別にAmazonに2ドルを支払わないといけない契約だったと報じられています。しかし、Amazonを利用している多くのユーザーに自社の製品をアピールする効果的な方法ではあったようです。

このサンプリングプログラムは日本でも導入されており、配布対象に選ばれると化粧品やヘルスケアグッズなどのサンプルが送られてきます。日本ではどうなるのかの詳細は報じられていませんが、サンプル配布を好ましいと思っている人にとっては残念なニュースでしょう。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: amazon, creepy program, machine learning, sample, Services, shopping
0シェア

Sponsored Contents