iPhone暗号化キーを含むツイート、アップルがDMCA侵害として削除申請。後に撤回

iOSの脱獄が成功したため焦っている?

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年12月12日, 午後 09:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter
DMCA
アップルがセキュリティ研究者によるiPhoneの暗号化キーを含むツイートを、DMCA(デジアルミレニアム著作権法)侵害として、Twitterに一時的に削除させていたことが明らかとなりました。

その後、同社はTwitterにツイートを復活させるように依頼しており、記事執筆時点では再びオンラインで閲覧できるようになっています。元ツイートの主は、iOSセキュリティ研究者のSiguza氏。同氏はiPhoneのセキュリティ情報を格納するSecure Enclaveのリバースエンジニアリングに使える暗号化キーを含んだツイートを投稿しました。
その2日後に、過去にもアップルと取引のあった法律事務所がTwitterにDMCA侵害に基づく削除申請を送信。それを受けてTwitterは当該ツイートを一時削除した――という経緯です。


その後、Siguza氏は削除申請が「撤回された」とつぶやき、実際にツイートも復活しています。この件につきアップルは海外テックメディアMotherboardに削除申請をしたと認め、ツイートを元に戻すよう依頼したとも述べています。

これとは別件で、海外掲示板Redditもセキュリティ研究者とハッカーがiPhoneを脱獄する方法を議論するサブレディット(特定の領域に焦点を当てたコミュニティ)への投稿に対して、複数のDMCA削除申請を受け取っているとのことです。こちらは削除申請をしたユーザーが特定できておらず、アップルかどうかは明らかではありません。

長年にわたって、最新のiPhoneで利用できる脱獄アプリは存在しませんでした。しかし今年9月にセキュリティ研究者のaxi0mx氏がiOS 13を実行する特定のデバイス(2018〜2019年発売を除く全モデル)を脱獄できる手法「checkm8」(チェックメイト)を公開。その数週間後には他の研究者が本格的な脱獄ツールCheckra1nをリリースしています。

こうした事態につき、Redditへの投稿を削除されたセキュリティ研究者Pwn20wnd氏は「アップルはiPhone Xとそれ以前のモデルの制御を完全に失った」「だから、合法的なやり方で私たちの戦いで時間やお金、リソースを無駄にさせようとしている」との推測を語っています。

アップルは8月に、iPhoneバーチャル化製品(iOSを完璧にコピーしてテストできると謳っている)を販売する新興企業Corelliumを著作権侵害として提訴しており、裁判は今も継続中です。またセキュリティ研究者からは、アップルがiOSの脆弱性を発見しようとするハッカーらの能力を制限しようとする動きとして、訴訟に対して批判の声が上がっています。

本来DMCA侵害による削除申請は、写真や映画などの著作物を違法コピーされた権利者がそれ以上の被害を受けないようにするための、いわば弱者救済のためのしくみです。とはいえ、大手企業などが自社に都合の悪い記事を人の目に触れないように濫用する事例もたびたび報告されています
それゆえアップル側も、むやみな使用は世間の批判を集める可能性も高いと分かっていたはず。今回の騒動は、それだけ焦りを覚えているということかもしれません。


 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, dmca, internet, ios, iphone, jailbreak, reddit, sns, twitter
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents