ダウニーJr.が人工知能の最前線を伝える『The Age of A.I.』配信開始。無料で視聴可能

AIについてのモヤモヤを解消

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年12月19日, 午後 12:30 in AV
9シェア
YouTube
最近あちらこちらで使われるようになってきた人工知能(AI)。しかしひとくちにAIと言ってもそれが具体的になんなのかと問われれば、上手く説明できる人はそうはいないはずです。

YouTubeはその素朴な疑問をわれわれにわかりやすく教えてくれるYouTube Originals番組『THE AGE OF A.I.』の配信を開始しました。司会はこのシリーズにうってつけの、ロバート・ダウニーJr.です。全8話からなるこの番組は機械学習やアルゴリズム、コンピュータービジョン、ビッグデータといったキーワードをわかりやすく解説し、それらと結びついて機能するAIの正体を、それぞれの分野のイノベーターと呼ばれる人たちとともに紹介してゆきます。

第1話「How Far is Too Far?」では『キングコング(2005)』や『アバター』といった映画作品の特殊効果で関わったマーク・サーガルと彼の企業Soul Machinesをたずね、Black Eyed Peasのメンバーであるウィル・アイ・アムのAIアニメーションによるデジタルアバター作成の現場を紹介します。

また第2話では、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患う元NFL選手にスポットを当て、歩行やや会話が困難になりつつある病状に対して、Googleが音声障害を持つ人のコミュニケーションを助けるために開発しているProject Euphoriaが判別の難しくなった患者の発音をAIに学習させて音声アシスタントを利用可能にしていく様子が見られます。またALSの啓蒙のために始まった「ALSアイスパケツチャレンジ」で集まったALS協会への寄付がProject Euphoriaにもつながっているとの報告も。

記事執筆時点で『THE AGE OF A.I.』はYouTube Originalsとしてエピソード4までが配信されており、1話と2話は無料で誰でも視聴が可能。3、4話はYouTube Premiumユーザーのみが視聴できます。

なお、Googleは9月よりYouTube Originals作品を無料で視聴可能としており、YouTube Premium向けに毎週1話ずつがエピソードが追加されていくとともに、古いエピソードから無料配信に切り替わるようになっています。したがってこの番組を全話視聴するためであれば、慌ててPremiumに加入する必要はありません。

また番組に日本語吹き替えはないものの、設定で日本語字幕(自動翻訳)は表示できます。ときおりおかしな翻訳に出くわすのはご愛敬。Googleの翻訳AIの性能向上に期待しつつ番組を楽しみたいものです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: ai, ALS, artificial intelligence, av, entertainment, google, robert downey jr., robots, youtube, youtube originals
9シェア