もう無くさない。腕に巻く充電ケーブル「NILS2.0」のクラウドファンディングが開始

見た目は充電ケーブルそのものなのでおしゃれかどうかは謎

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年12月20日, 午後 05:00 in Gadgets
0シェア
NILS
クラウドファンディングサイト「Kibidango」で、ブレスレット型の充電ケーブル「NILS2.0」の支援募集がスタートしました。

見た目はただの編み込み型のブレスレットですが、ホックの金属部分が端子になっており、必要に応じて取り外し、充電ケーブルとして使用するというもの。充電ケーブルを持ち歩いていても、鞄のどこに入れたのか分からなくなることがありますが、これならすぐに取り外して充電可能です。

端子部分はレアアースマグネットを使用しているため、ブレスレットとして使っている際に外れにくい仕様になっています。また、対応電流は3アンペアと高く、高速充電が可能。耐水仕様なので、雨天時にそのまま付けっぱなしにしていたり、腕に装着したまま手を洗ったりしても問題ありません。

NILS
タイプは腕を一周するだけの「ソロ」と二重に巻く「デュオ」の2種類。カラーは全7種あり、いずれもS、M、Lの3サイズが用意されています。端子部分はライトニング、マイクロUSB、USB Type-Cの3種類です。

分かる人が見ると「あれ、充電ケーブル」とすぐに気づかれる可能性がありますが、知らない人の前でいきなりブレスレットを取り外して充電し始めると驚かれるかもしれませんね。

クラウドファンディングの期間は2020年2月13日まで。目標金額30万円達成で日本公式販売となります。価格は今回のプロジェクトに限り、2780円(税・送料込)。
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: cloudfunding, Gadgets, LightningCable, NILS, usb, USB Type-C, UsbGadget
0シェア