MSI、「世界初」ミニLED搭載17型ノートPCをCES 2020で発表

有機ELと液晶の特徴を併せ持ちます

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年12月27日, 午後 03:30 in personal computing
0シェア
FacebookTwitter
MSI
MSIが、世界初をうたうミニLEDディスプレイ搭載の17型ラップトップPC「Creator 17」を発表しました。ただし、まだミニLEDを搭載するとの情報のみで、詳細は2020年1月7日(現地時間)にラスベガスで開催されるCES 2020で公開するとのことです。

ミニLEDは、液晶ディスプレイのバックライトに用いられる技術。バックライトを画一的に照らすのではなく、いくつかに分割してそれぞれ点灯消灯を制御することで、有機ELのように暗い部分は発光せずにより黒く見せることができ、高コントラストな表現を実現できます。また、液晶ディスプレイと同様に高輝度で、焼き付きにも強いという有機ELと液晶ディスプレイの長所を併せ持つものです。

この特徴から、次期iPadでの採用も噂されるなど、注目を集めている技術です。


CREATOR 17では、1000nitの明るさを持つミニLEDバックライトを採用し、240分割のローカルディミング(部分駆動)を実現。Display HDR 1000に対応するほか、DCI-P3カバー率100%もうたっています。

MSI mini LED

ディスプレイ以外の情報としては、Type-Cポートからの8K出力をサポートし、最大624MB/秒の速度を持つUHS-III SDカードリーダを搭載。Thunderboltポートからは27W(9V/3A)の出力に対応するとのことです。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ces, creator17, laptop, miniled, msi, personal computing
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents