YouTube Liveをするならビデオミキサー「Roland V-02HD」がおすすめ|ベストバイ2019

シンプルでコンパクトながらビデオミキサーに必要な機能が詰め込まれている名機

おおつね まさふみ
おおつね まさふみ, @otsune
2019年12月28日, 午後 03:00 in bestbuy2019
35シェア
Engadget
筆者はパートナーと二人で数年前から毎週日曜日にYouTubeライブ配信をやっています。デジタル一眼レフカメラCanon EOS Kiss Mで撮影し、マイクロHDMI端子からの映像出力をelgato HD60SというHDMIゲームキャプチャー機器でWindowsパソコンに繋ぎ、OBS(Open Broadcaster Software)という配信用ソフトウェアでYouTube側に送信しています。

カメラとiPhone画面のそれぞれの映像を切り替えたり、ロゴを合成したり、ピクチャー・イン・ピクチャーの小窓ワイプで重ね合わせなどの工夫をしたい時は、当初はパソコン側のOBSの機能を使ってソフトウェア的に合成していました。

どうしてもOBSの合成をすると配信中の操作が煩雑になるので、ハードウェア的に合成をするビデオミキサーを導入して省力化と安定化をはかりたいと考えました。その検討時点では業務向けの10万円以上する本格的なAVミキサーを購入する必要がありました。(配信者の中には数千円ぐらいの単なるHDMI切替器を繋いで、荒っぽくカメラ信号を切り替えたりする人もいます)

2018年の年末にV-02HDが比較的安価に発売されたので早速導入し、イベント講演のプロジェクター接続や毎週のYouTubeライブ配信で一年ほど使ってみて、その機能とコストパフォーマンスには非常に満足し、私のベストバイ2019の機器になりました。
■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。
https://japanese.engadget.com/latest-reviews/



このビデオミキサーV-02HDはHDMI端子の映像・音声2系統とライン端子の音声1系統を入力して、ボタンやフェーダーで操作して合成しHDMI出力をすることが基本的な機能になります。

ネットライブ配信用のミキサーであれば現時点では同じメーカーの上位機種であるRoland のV-1HDやVR-1HDも候補になります。価格はそれぞれ約11万円や15万円前後(原稿執筆時)なのですが、V-02HDは8万円弱で購入できるので比較してもコストパフォーマンスはかなり高いでしょう。

VR-1HDはUSBカメラとして直接パソコンと接続可能なのでキャプチャーボードが不要であったり、VT-4のようなボイスチェンジャー機能があったり、自動スイッチング機能でカメラアングル操作の無人化が可能だったりと、ネット配信用ミキサーとしてオールインワン機器になっており、予算が許すのであればオススメできます。

ちなみにV-02HDの直接的ライバル機器は4万円弱という非常に挑戦的な価格で最近リリースされたBlackmagicdesign社ATEM Miniです。

V-02HDは画像スケーラーを内蔵しており、様々な入力信号を変換して、多種多様な解像度で出力することができます。一般的な1080/59.94pやFullHD(1920x1080/60Hz)だけでなくパソコン用プロジェクターやモニター向けのWUXGA(1920x1200)からSVGA(800x600)まで14種類以上の解像度に対応しています。
Engadget

つまり、ビデオカメラだけでなくパソコンやスマートフォンなど大小様々な解像度の映像をちゃんと入力信号として統一して扱えます。本体ダイアルによる操作で映像の拡大縮小や位置調整もできるので、思ったとおりの配置に細かく合わせることも可能です。

P-in-P(ピクチャーインピクチャー)機能もあり、入力1と入力2をワイプ合成したり、分割表示することもできます。

Engadget
またクロマキー合成も可能で、白や黒やグリーンバックなど任意の色の背景を指定して透明化することで、映像を重ね合わせすることもできます。

凝ったテレビ番組でよく見かけるようなグリーンバックの背景に風景画像やCGをはめ込んだり、ゲーム配信で顔だけを画面の端に乗せたりすることも可能。

個人的に面白いと思った機能としては、本体メモリに映像入力を静止画として記憶させて、キー合成で重ね合わせ処理ができることです。筆者は主にYouTube配信でロゴや番組名タイトルをカメラ映像に乗せる用途で使っています。

Engadget

またApple純正アクセサリーのLightning - Digital AVアダプタを使い、iPhoneやiPadの画面をHDMI信号としてV-02HDに繋いで映像入力しています。
Engadget

筆者のようなインターネット動画配信をする人にオススメできるのは当然として。他にもパソコンをプロジェクターに繋いでプレゼンや発表会をやる人にもV-02HDはオススメできます。その取り回しの小ささや、かゆいところに手が届くようにビデオミキサーとして欲しい機能がちゃんと搭載されている優れた設計思想には関心させられました。

■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。


https://japanese.engadget.com/latest-reviews/

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: bestbuy2019, streaming, video, youtube
35シェア

Sponsored Contents