新型Galaxyイベントを2月11日に開催、縦折りスマホ登場か!?

2つの四角をアピール

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年01月6日, 午後 12:30 in android
50シェア
Engadget

サムスンは2月11日にサンフランシスコにて、新型Galaxyのアンパックイベントを2月11日に開催することを公式Twitterにて発表しました。
公開されたティーザー動画では、Galaxyの文字をイメージした画像が登場。ロゴ左側の四角は背面カメラの突起を、そして右側は縦折りスマートフォンを連想させる形状です。

現時点では公式情報はありませんが、イベントでは次期Galaxy Sシリーズ(Galaxy S11、あるいはGalaxy S20、どちらも仮称)の発表が期待されています。事前情報によると、これらはディスプレイ中央上部にパンチホールカメラ、背面に四角いカメラ突起を備え、最上位バリエーションとして「Ultra」モデルが用意されるようです。

さらに縦折りスマートフォンに関しては、およそ100万ウォン(約9万1000円)になるとの情報が韓国紙により伝えられています。サムスンはすでに横折りスマートフォン「Galaxy Fold」を発売していますが、米モトローラが縦折りスマートフォン「RAZR」を発表しており、それに続く新フォームファクタの端末の登場が期待されています。

今回のGalaxyアンパックイベントの模様は、公式ライブストリーミングでも配信されます。「新たなスタート」になるとも噂される新生Galaxy、その進化の内容に注目です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: android, galaxy, Samsung
50シェア

Sponsored Contents