愛犬の行動を追跡して最適な健康管理方法を促すヘルストラッカー「Whistle Fit」

おすすめのドッグフードまで教えてくれます

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年01月8日, 午前 09:00 in wearables
27シェア
Whistlefit2020年1月6日(現地時間)、ペット用のウェラブルデバイスを展開しているWhistle Labsは、愛犬の健康維持に特化したヘルストラッカー「Whistle Fit」を発表しました。

装着することで、愛犬の行動から1日の運動量や消費カロリーを検出。その情報と犬種・年齢・体重を基に、健康を維持するために最適な運動を提案します。また、3000種類以上のドッグフードのデータの中から、愛犬の年齢や健康状態に合ったものをチョイスしてくれる機能も搭載。最適な給餌量も教えてくれるので、食べすぎも防げます。

その他にも、犬が体をなめすぎていたり、ひっかきすぎていたりなど、異常行動を監視して警告する機能も備えています。普段自分が見ていないときの行動も監視してくれるので、重大な病気を見逃す可能性も減るでしょう。

こうした愛犬の追跡データを基にしたレポートも生成できます。例えば、獣医にこのレポートを提出すれば、より適切な診察を受けることができます。

Whistlefit
販売は1月21日からで価格は79.95ドル(約8600円)。本体価格のほかに月2.95ドル(約320円)のサブスクリプションサービスに加入する必要があります。

CES 2020の最新ニュースはこちらからご覧ください。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: app, CES2020, dog, pet, wearables, Whistle, Whistle Fit
27シェア

Sponsored Contents