腕に装着できる空気清浄機「FitAir」が販売開始。1万4800円

FitAirアプリを使って周囲の空気の質や温湿度を確認できる

Rintaro Kaneko
Rintaro Kaneko
2020年01月14日, 午後 04:30 in Air cleaner
246シェア
FitAir

Glotureは1月14日、リストバンドで腕などに身につけて持ち運べる空気清浄機「FitAir」を発売しました。価格は1万4800円(税別、以下同じ)で、同社のECサイト「GLOTURE.JP」にて販売します。

空気清浄機の開発を手掛ける米Airdog社が2017年に米国の家電見本市「CES 2017」で展示し、2019年に発売した製品。

空気清浄機といえば据置タイプが一般的ですが、FitAirは持ち運びに適した小型サイズ(234×89×79mm)が売り。重量は約220gとやや重いですが、付属のリストバンドを使って腕に装着できるほか、卓上設置にも対応します。

専用設計のフィルターは、製薬工場や医療現場で使用される除去率の高いH13グレードを使用し、従来のエアマスクよりもアレルゲンや超微粒子(UFP)を効果的に除去できるといいます。H13フィルターは、一般的なアレルゲン(花粉、カビ、ペットのふけ、チリダニ)、煙、0.3μmまでの微生物、PM2.5を捉えます。

また、専用設計された別売りのマスクとシリコンゴムチューブ(5500円)を通して、毎分130Lの浄化された空気を鼻に送ることも可能です(成人の平均呼吸能力は毎分10〜20L)。

FitAir▲別売りのマスクと医療グレードのシリコンゴムチューブ(5500円)

Bluetooth接続に対応し、FitAir専用アプリを使って周囲の空気の質、温度、湿度、風速レベルを常に把握できるほか、HEPAフィルターの推定寿命とバッテリー残量も確認できます。

FitAir▲FitAirアプリのイメージ

バッテリー容量は1600mAhで、USBでの充電に対応します。連続駆動時間は2~6時間です。付属品は「HEPAフィルター」が2枚とUSB充電ケーブルです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: Air cleaner, air cleaners, bluetooth, cleaner, filter, Filters, FitAir
246シェア