やっぱり不要だった? Androidの「アプリを更新」通知が廃止へ

いつの間にかなくなっていた

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年01月16日, 午後 01:50 in Android
210シェア
Android 通知
スマートフォンを使う上で避けられないのが、怒濤のごとくやってくる不要な通知の大群。GoogleはAndroid 10においてその不快感を軽減するための機能を導入していますが、Google 自身が提供するアプリでも通知の削減を目指しているようです。

Googleサポートなどに寄せられたユーザーの報告によると、Google Play ストア アプリの最新バージョンでは、アプリの自動更新後に表示される「○○個のアプリを更新しました」という通知が送られない場合があるようです。Android情報サイトの米Android Policeは、「アプリ更新通知が届かない」問題について、昨年11月のGoogle Play ストア バージョン17.6.19から適用されていることを把握。

その後、受信したり受信しなかったりを繰り返すユーザーもいたことから、この仕様は当初はバグだと思われていましたが、同サイトがGoogleに確認したところ、「(アプリ更新後の通知を送らないのは)バグではなく意図された機能だ」という回答を得ています。

つまり、GoogleとしてはPlay ストアの「○○個のアプリを更新しました」という通知は不要なものと判断して、削減する方針が固まったものと見られます。

このアプリ更新の通知は、実は今までもGoogle Playアプリの設定通知オプションからオフにすることができましたが(記事公開時点でもまだオプション項目は存在します)、現在では初期設定で通知を送らない仕様に変更されている、ということになります。

更新されたアプリを明確に把握したい場合には、Play ストア アプリの「マイアプリ」を定期的に開いて確認するか、アプリの自動更新をオフにして都度手動で更新する必要があります。

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: Android, app, gear, google, GooglePlay, internet, mobile, notification, services, settings, spam, updates
210シェア