Ankerロボット掃除機、月1078円でサブスク開始。2週間レンタルも1980円

2週間レンタルはガッツリ大掃除やお試し用途にも👍

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年01月16日, 午後 02:30 in RobotCleaner
0シェア
FacebookTwitter
Anker
家電のレンタルサービスを手がけるRentioは、Ankerのロボット掃除機ブランドEufyの取り扱いを開始しました。エントリーモデルの「RoboVac 11S」と最上位モデルの「RoboVac L70 Hybrid」がレンタルサービスで提供されます。

このうち、エントリーモデルの「RoboVac 11S」は、月額1078円(税込、以下同)からと、Rentioのロボット掃除のレンタルの中で最も低価格な商品となっています。
またレンタルではありますが、いわゆる「サブスクリプション(サブスク)」的な使い方にも対応し、利用開始から6か月を過ぎるといつでも返却可能です。24か月レンタルしつづけた場合、返却の必要がなくなり、そのまま所有することもできます。
ただし、同機種はAnkerの直販で購入した場合は1万7800円で販売されているため、24か月のレンタルよりは購入した方が割安になります。

また、Rentioでは14泊15日でのレンタルサービスも展開。RoboVac 11Sの場合は1980円と、こちらも競合製品のルンバなどを大幅に下回る価格設定となっています。
引っ越し直後や大掃除などでガッツリ掃除したい場合や、2万円以下のロボット掃除機が実用的なのか購入前検証に利用するといった使い方に適しているでしょう。


最上位モデルの「RoboVac L70 Hybrid」は月3278円

Anker
またRentioでは、Eufyの最上位モデル「RoboVac L70 Hybrid」も取り扱っています。こちらは月額レンタル(サブスク型)で3278円。こちらも最低利用期間6か月、24か月で所有権移転となっています。

RoboVac L70 Hybridは吸引・水拭きの両方に対応し、エリアマッピングやアプリからのコントロールといった機能を備えつつも、競合製品となるルンバの中下位モデル「ルンバ643」(月額3980円)を下回る価格設定となっています。

RoboVac L70 Hybridは、14泊15日のレンタルでは3980円で提供されます。なお、同製品のAnker直販価格は5万4800円となっています。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: anker, cleaner, Eufy, homeappliance, rental, Rentio, RobotCleaner, subscription
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents