在京民放5社「TVer」での同時配信実証を1月下旬に実施。時間帯は夕方

テレ東はアニメもあるよ

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
2020年01月17日, 午後 06:00 in Services
125シェア
TVer
在京の民放テレビ5社が、見逃し配信アプリ「TVer」を通じた地上波放送との同時配信の技術実証試験を2020年1月20~25日に合同で実施すると発表しました。すべての放送で同時配信するわけではなく、夕方のニュース番組が対象で、夕方の時間帯における同時配信の際のUIの比較など技術的課題を検証します。民放5社の同時配信実験は過去にも行われていましたが、地上波との同時は今回が初めてになります。同時配信される番組はいずれも報道番組といいつつも、テレビ東京のみ一部アニメ番組などが含まれるのは平常運転。

なお、同時配信とは言いつつもネット経由の配信では約30秒~1分ほど遅延が発生することが考えられます。在京民放5社の番組を配信するため、配信される番組は基本的に関東エリアの放送になります。ただし、地上波とは一部異なる場合もあるとのこと。

TVerはドラマやバラエティ、アニメなど、うっかり見逃した番組をあとから自由な時間に視聴できるため、とりあえずスマートフォンやタブレットにアプリをインストールしている人も多いはず。2019年よりNHKもTVerでの配信に加わりましたが、今回の同時配信実験にはNHKは含まれません。

そのNHKは独自に4月1日より常時同時配信サービス「NHKプラス」を導入予定。こちらはNHK受信契約者とその家族であれば無料視聴が可能ですが、視聴するには登録が必要となっています。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: AV, broadcast, Internet, Live, LiveStreaming, Network, Services, television, TVer
125シェア

Sponsored Contents