動く実物大ガンダム2020年10月に公開、7月には見学プログラムも実施

腰部を台車に接続しているので、倒れません。。。

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年01月20日, 午後 03:00 in anime
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
ガンダム GLOBAL CHALLENGEとEvolving Gは、「機動戦士ガンダム 40周年プロジェクト」の一環として横浜市と連携し、横浜の山下ふ頭に「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を2020年10月1日(木)から約1年間オープンすることを発表しました。

ガンダム GLOBAL CHALLENGEとは、18mの実物大ガンダムを動かし、一般公開を目指すというプロジェクト。2014年からプロジェクト実現に向けて計画を進めており、幅広くアイデアやプランを募集しながら、研究者、エンジニア、クリエイターなど各分野の専門家が設計と検証を繰り返してきました。

現時点では実物大ガンダムが「動く」としか発表されておらず。「歩く」のかや、どの様な挙動になるかなどは明らかになっていません。安全性確保のため、腰部が後方の台車に接続されているのでアグレッシブな動きは難しいかと思われます。

Engadget
▲「技術チャレンジ」「実現可能性」「安全性」「デザイン」をキーワードに開発を進めてきました。

Engadget
▲鋼鉄&カーボンでできています。人は搭乗出来ません。

Engadget
▲1月20日に開催された発表会では31分の1スケールの模型を展示。

Engadget
▲来場者は特別観覧デッキにて、様々な角度から実物大ガンダムを堪能できます。

Engadget
▲台車に接続されている腰部。

オープン前に特別に施設を見学できる限定プログラムを実施予定。特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」に登ることができます。また、一部オリジナル商品を購入でショップも展開予定です。会期は2020年7月〜8月の土・日曜日。ただし、見学の期間ではガンダムの稼動は予定ありません。


Engadget
施設は動くガンダムを間近で鑑賞できる「GUNDAI-DOCK」と複合施設「GUNDAH-LAB」の2つに分かれています。GUNDAH-LABでは、動くガンダムの仕組みを楽しみながら知ることができる展示施設のほか、ショップ、カフェ、コミュニケーションスペースを設けています。

■開催概要
会期:2020年 10月1日(木)~2021 年10月3日(日)
時間:10:00-21:00(予定)
入場:2020年7月からチケット販売予定(有料)

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: anime, gundam, robots
0シェア
FacebookTwitter