NEC初の有機ELノートLAVIE VEGA日本版発表。Adobe CCフォトプランも付いたクリエイター向け機種

廉価モデルには第2世代Ryzen 7 搭載機も

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2020年01月21日, 午前 11:00 in note pc
48シェア
LAVIE VEGA Japan Ver.
1月21日に、NECパーソナルコンピュータ(NEC PC)が2020年春の新PCシリーズを発表しました。中でも最も注目されるモデルが、15.6インチ画面のクリエイター向け高級ノートPC『LAVIE VEGA』シリーズです。
発売予定時期は2月下旬。グレードは3種類で、本体カラーは「アルマイトネイビー」と「アルマイトシルバー」の2色です(最上位モデル『LV950』はネイビーのみ)。

最大の特徴は、上位2グレードのディスプレイに、NEC PCでは初となる4K・HDR対応の有機ELパネルを採用した点。合わせてフルHD液晶搭載の廉価モデル『LV650』には、AMDの高性能CPU『Ryzen 7 3750H』(ノートPC用の第2世代Ryzen:3000番台ですが第2世代です)を搭載します。LAVIE VEGA Japan Ver.

今回発表されたVEGAシリーズは、1月4日にCES 2020にて米国版が先行発表されていた機種の日本版。日本でも投入が予告されていたモデルです。


ノートPCとしてのレギュレーションを紹介すると、「15.6インチ画面と高性能ノート用(TDP 45W級)CPUを搭載しながら、本体重量を約1.8~1.9kg、公称バッテリー駆動時間は約10.2から10.8時間と、『準モバイル』としての性格も備えたノートPC。ただしGPUはCPU内蔵」といったところ。
他メーカー機種との比較では、MacBook Pro(13インチと16インチ)対抗的な位置づけともなります。

最大の特徴である有機ELパネルは、上位2モデル『LV950』『LV750』に搭載。解像度は4K(3840×1920)、HDR映像ソースに対応し、色域はDCI-P3比で100%、コントラストは10万対1、そして公称応答速度は1msと、ノートPC向けの画面としては非常に品質の高い仕様。

また、クリエイター向けが打ち出されているモデルだけあり、大手メーカー製の店頭販売PCとしては珍しく、『Adobe Creative Cloud フォトプラン』の1年間利用権が付属(3グレード共通)。もちろんMicrosoft Office Home & Business 2019も搭載します。

同プランは、フォトレタッチアプリ『Adobe Photoshop』と写真現像アプリ2種『Adobe Photoshop Lightroom』『Adobe Photoshop Lightroom Classic』、そして20GBのクラウドストレージサービスが利用可能なコース。つまりVEGAシリーズは、「Photoshop(1年間)バンドルの店頭販売PC」でもあるわけです。

LAVIE VEGA Japan Ver.

もう一つの特徴はキーボード。最左列には特定アプリのアクティブ状態を検出し、割り付けられた特定機能を実行できる5個の「プロキー」を搭載します。デフォルト状態では、プリインストールされたOfficeとAdobe製アプリ5種(Word/Excel/PowerPoint、Lightroom/Lightroom Classic)と、それ以外(汎用設定)の、計6種類。

プリセットされた機能としては、保存や貼り付け、ズーム操作や現像設定のコピーとペーストなど、汎用性と使用頻度が高い機能が選ばれています。

合わせてキーボードユニット自体も新規設計。お椀状のキートップや静音性の高いキー構造、昨今のNEC製高級機で顕著な"ThinkPadに習ったヒステリシスカーブのキー"などが導入され、タッチパッドと合わせて「極上の使い勝手」と謳われます。

LAVIE VEGA Japan Ver.

本体デザイン上の特徴は、最上位となるLV950で導入された、昨今のノートPCとしては珍しい全面ガラス張り仕上げの『プレミアムミラーガラス天板』。非搭載モデルに比べて、厚みと重量はわずかに増加していますが(それぞれ0.4mmと約100g)、高級機らしい光沢を見せる趣向です。
天板素材にはコーニングの『ゴリラガラス6』が使われており、曲げや衝撃などの耐久性にも配慮されています。

またLV950のみの機能としてはもう一つ、天面のLAVIEロゴが『スマートライト』となっています。これは、Windows 10のコルタナ(音声アシスタント)と連携し、本体を閉じている状態での反応をLEDによる光で表現する機構。スマートスピーカーのステータス表示用LED的な動作となるわけです。

合わせて電源制御は、スリープ時からでも音声によるアプリ起動などを可能とすべく、モバイルノートPC以外では珍しいモダンスタンバイに対応。これにより実際の使い勝手も、スマートスピーカーに近いところを実現できます。

さらに拡張端子にも特徴が。それはUSB Type-AやHDMIも省略した、NECブランドのモデルとしては非常に割り切った仕様であるという点。
インテル製CPU搭載モデル(=上位2グレード)では、Thunderbolt 3×2基+USB Type-C(専用/10Gbps)×2基+マイクロSDカードスロット。AMD Ryzen搭載モデルでは、USB Type-C(10Gbps)×4基+マイクロSDカードスロットとなります。
LAVIE VEGA Japan Ver.
最上位モデル『LV950』の基本仕様は、
  • 本体サイズ.....約359.8×243.9×18.3mm(幅×奥行き×厚さ)
  • 本体重量......約1.9kg
  • ディスプレイ......15.6インチ、4K解像度有機EL
  • CPU......インテル製Core i7-9750H(TDP 45W、6コア12スレッド、標準2.6GHz、ターボ時最高4.5GHz)
  • GPU......CPU内蔵(インテル UHD グラフィックス 630)
  • RAM(メモリ)......16GB/DDR4-2666(増設・交換不可)
  • ストレージ......Intel Optane H10 1TB(NVMe/PCIe 3.0 x4)
  • バッテリー駆動時間......約10.2時間(JEITA 2.0測定)
  • USB端子......Thunderbolt 3兼用USB Type-C×2+USB Type-C(10Gbps)×2(DisplayPort出力、電源端子兼用)
  • 拡張端子......マイクロSDカードスロット、3.5mmヘッドセットジャック
  • 無線LAN......Wi-Fi 6対応(最大速度2.4Gbps)
  • 生体認証機能......顔認証(Windows Hello対応)
  • 標準搭載OS......Windows 10 Home 64bit版

といったところ。

中位モデル『LV750』は、LV950から天板のガラスとスマートライトを省略し、RAMとストレージの容量を減少させたモデル。実質的にはこちらがスタンダードとなりそうです。LV950との主な相違点は、以下のとおり。
  • 本体サイズ.....約359.8×243.8×17.9mm(幅×奥行き×厚さ)
  • 本体重量......約1.8kg
  • RAM......8GB/DDR4-2666(増設・交換不可)
  • ストレージ......Intel Optane H10 512GB(NVMe/PCIe 3.0 x4)
  • バッテリー駆動時間......約10.4時間(JEITA 2.0測定)

AMD Ryzen搭載/フルHD液晶モデル『LV650』は、
  • 本体サイズ.....約359.8×243.8×17.9mm(幅×奥行き×厚さ)
  • 本体重量......約1.9kg
  • ディスプレイ......15.6インチ、フルHD IPS液晶
  • CPU......AMD製Ryzen 7 3750H(TDP 35W、4コア8スレッド、標準2.3GHz、ブースト時最高4GHz)
  • GPU......CPU内蔵(AMD RADEON RX Vega 10)
  • RAM......8GB/DDR4-2400(増設・交換不可)
  • ストレージ......512GB SSD(NVMe/PCIe接続)
  • バッテリー駆動時間......約10.8時間(JEITA 2.0測定)
  • USB端子......USB Type-C(10Gbps)×4(DisplayPort出力、電源端子兼用)
  • 拡張端子......マイクロSDカードスロット、3.5mmヘッドセットジャック
  • 無線LAN......Wi-Fi 5対応(最大速度867Mbps)
  • 生体認証機能......顔認証(Windows Hello対応)

といった仕様。Thunderbolt 3とWi-Fiに差が付けられていたり、GPUが上位との性能が逆転していたりするなど、CPUの性格が異なることもあってユニークなモデルとなっています(個人的希望としては、もう1機種Ryzen+有機ELモデルが欲しかったところですが)。

LAVIE VEGA Japan Ver.

このようにLAVIE VEGAは、クリエイター向けPCとしては単体GPUの非搭載など気になる点もありますが(とりわけインテルCPU搭載機では)、有機EL画面の搭載に加え、拡張端子の割り切った仕様やAdobe CCフォトプランライセンスのバンドル、さらにはTDP 35~45W級のCPUを搭載しながら2kgを切る本体など、新規設計だけありかなり「尖った」仕様のモデルに仕上がっています。

とくに拡張端子の割り切り度合などは、歴戦の本誌読者であれば、初代PC98-NXシリーズのレガシーフリー思想を思い出すやもしれません。

また、ノートPC全体の市場を見た場合、本機は大手PCメーカーの店頭販売モデルではまだ少ない有機EL画面搭載機。先行した富士通のAH-Xシリーズと並び、有機EL搭載ノートPC市場を広げる役割も期待できそうです。



 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: adobe, Adobe CC, lavie vega, lavievega, nec, NECPC, note pc, notepc, personal computing, personalcomputing, windows 10, windows10
48シェア

Sponsored Contents