プレイステーション ストアで最大8割引のホットウィンターセール。デスストやCoD、スター・ウォーズも

先日のホリデーセールより値引率UP

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年01月21日, 午後 06:30 in playstation
45シェア
PlayStation

PlayStation Store が期間限定セール「ホットウィンターセール」を開始しました。期間は1月21日から2月3日まで。

年末年始のホリデーセールが終わって半月ほどですが、割引率がさらにアップした商品、今回から加わった商品もあります。

SIE的な推しタイトルは、たとえば

『DEATH STRANDING』
通常販売価格 7,590円(税込) ⇒ 5,313円(税込) 30%OFF

『Black Desert(黒い砂漠): スタンダードエディション』
通常販売価格 3,259円(税込) ⇒ 1,629円(税込) 50%OFF

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』
通常販売価格 8,690円(税込) ⇒ 5,648円(税込) 35%OFF

『STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー』
通常販売価格 8,657円(税込) ⇒ 5,627円(税込) 35%OFF

『Marvel's Spider-Man Game of the Year Edition』
通常販売価格 4,290円(税込) ⇒ 2,145円(税込) 50%OFF
(※PS Plus加入者限定。未加入は40%OFF)


デスストの三割引は前回のホリデーセールから変わりませんが、スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダーは前回の29%引き6146円から35%引き5627円に。CoDモダン・ウォーフェアは34%引きだったのが35%(差額87円)など、値引率がアップしたタイトルもあります。

PS Plus加入者の場合、ログインした状態でブラウズするとさらに10%引きなど追加の割引があるタイトルも。(細かなDLCアイテムなども含むセール対象約540件のうち116件。うちPS4ゲーム本編は61件ほど)。

「60%OFF以上」リンクもありますが、PS Store ではヒッツやバリューセレクションの名目で定価のほうが大幅に安くなる恒常値下げが多いため、発売時からは80%引き相当だけれど見つからないタイトルもあります。

たとえばアンチャーテッドの最終章『海賊王と最後の秘宝』外伝『古代神の秘宝』はヒッツの50%で1094円。PC版リリースのうわさで話題になったSFオープンワールドRPG『Horizon Zero Dawn』は、DLC込みのコンプリートエディションがヒッツの40%引きで1313円。PC版が出て話題になった『Detroit: Become Human』はバリューセレクションの70%引きで1287円などなど。

目当てがある場合は発売日やタイトル順にして飛んでゆくか検索で、そうでない場合は延々とめくってゆくと意外な出会いがあるかもしれません。

適当に目についたところを挙げれば、

PS VR独占のガンアクション映画体験ゲーム『ライアン・マークス リベンジミッション』が60%オフ 2156円。
VRゾンビアポカリプス体験ゲームの人気作『アリゾナ・サンシャイン』はPS Plus加入で76%オフ 1221円。
(トラッキング精度やケーブルの煩わしさを考えると、PC VRプラットフォーム版を買うか 、最近出た Oculus Quest 版がおすすめではありますが、PS4ユーザーなら1221円は破格です。)


PS4『Detroit: Become Human』序盤レビュー。膨大な選択肢で紡ぐ近未来SF大作

PS4『Horizon Zero Dawn』インプレ。狩猟欲と探索心をそそる濃密な世界、PS4 Proの威力も実感する大作

お詫び:PS4『スパイダーマン』レビュー掲載が遅れた件につきまして (Marvel's Spider-Manレビュー)

Hot Winter Sale 公式PlayStation™Store 日本

PlayStation
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: playstation, ps4, psstore, psvr, sale
45シェア